体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドラマ「逃げ恥」で星野源が起用された理由

ドラマ「逃げ恥」で星野源が起用された理由
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(水曜担当ナビゲーター:水曜日のカンパネラ)。8月23日(水)のオンエアでは、コムアイも出演しているドラマ「わにとかげぎす」を始め、「コウノドリ」「逃げるは恥だが役に立つ」(いずれもTBS)のプロデューサーを務める峠田浩さんと、同じく「わにとかげぎす」のプロデューサー、藤田大輔さんをお招きしました。

ドラマのプロデューサーの仕事は、まずは原作のドラマ化の企画とキャスティングを考えるところから始まるそうです。

峠田:その役ができる役者さんがいるかどうかは重要ですね。自分が知っている範囲だと狭まってしまうので、お互いに名前を出し合ってます。
コムアイ:今回のドラマは、かなりアクロバティックですよね。DOTAMAさんとか、ACEさんとか、emmaちゃんとか、クリープハイプの尾崎世界観さんとか。
藤田:面白さも求めているけど、キャラクターに合っているかどうかは一生懸命に考えました。
コムアイ:例えば、人のどういうところに注目するんですか?
峠田:「コウノドリ」や「逃げるは恥だが役に立つ」の星野源さんだと…ライブに行くと分かるけど、明るくて、ニコやかで楽しそうな人です。でもそんな星野さんがクールな役だったり、人とのコミュケーションがとれない役だったら面白いんじゃないか、ということを純粋に思ったり。いろいろな人と話して想像します。

コムアイは、「わにとかげぎす」では吉岡華の役を演じていますが、コムアイ本人も「原作での描写はひどいけど、他人という感じはしない」と言っていました。

峠田:ただ、原作と一番離れたキャラクター設定は吉岡なんですよね。
コムアイ:いろいろと設定が加わってますよね。
藤田:原作の通りにやると、“惚れる”という点でのリアリティーがなくなっちゃうと思って、そこは一生懸命に考えました。
コムアイ:漫画では酷くも描けるから全員に同じ感じで伝わりやすいっていうのはあるけど、ドラマだとその人の人生経験によって変わっちゃう気がするんです。それが、生々しさと曖昧さを持っているような感じがしてボヤっとするから、セリフとか、しぐさ、お芝居とか、その人が体験してきたことをなぞってキャラクターを作っていくことになる。原作があると難しいと思いました。
峠田:今回のドラマで、ほかの役者さんがコムアイさんの演技をすごく褒めてましたよ。
コムアイ:ホントですか!?

コムアイは不意に褒められて驚いていました。さらに、ドラマの撮影で、印象的だったこととしてこんな話も…。

「『コウノドリ』で、綾野剛さんがピアノを弾くシーンがあって、綾野さんはピアノを演奏するのが初めてだったんですけど、一ヶ月ぐらいの練習量で先生が弾いているのかと思うくらい、うまくなったんです。そういうことがあると、製作陣も手が抜けないんです」(峠田さん)

そのほか、「わにとかげぎす」に出演している有田哲平さん、本田翼さんについての話でも盛り上がりました♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。