体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

愛知県蒲郡市に泊まれる住宅展示場「SHARES ラグーナ蒲郡」がオープン! どうして泊まっていいの?

愛知県蒲郡市に泊まれる住宅展示場「SHARES ラグーナ蒲郡」がオープン! どうして泊まっていいの?

愛知県蒲郡市は、三河湾を望む複合型リゾート施設「ラグーナテンボス」があることで知られる。そこから徒歩20分程の場所に2017年4月、斬新な住宅展示場「SHARES ラグーナ蒲郡」がオープンした。コンセプトは「泊まれる住宅展示場」。どうして泊まっていいの? 食事や布団の用意は? 湧いてくる疑問をぶつけてきた。

海風を感じながらバーベキューが楽しめる住宅展示場

東海エリアを中心とした11社による、オシャレな14棟の住宅と4棟の小屋を擁する「SHARES ラグーナ蒲郡」。14棟はすべてが平屋で30坪以内、1500万円前後という価格だ(購入時保証費込み)。通常の住宅展示場と同じように、ここで建物を選んで好きな場所に建てることができる。建物の価格が決まっていることが大きな特徴で、各社の営業担当者は常駐せず、「SHARES ラグーナ蒲郡」運営会社の専門スタッフが住宅やメーカーを公平な視点で紹介する。【画像1】(右)スタッフの松井真さん(左)と奥村稔さん(右)。知識豊富で気さくに対応してくれる(写真撮影/倉畑桐子)

【画像1】(右)スタッフの松井真さん(左)と奥村稔さん(右)。知識豊富で気さくに対応してくれる(写真撮影/倉畑桐子)

宿泊は有料で、1棟貸し切りで一泊2名3万4000円~(5名まで宿泊可、1人増えるごとに3000円の寝具代が必要)。やや高めの料金設定にも感じられるが「週末は宿泊予約で約8割が埋まっています。夏季なので混み合ってきました」と、「SHARES ラグーナ蒲郡」の運営会社である株式会社住宅アカデメイアの鴨下義和さん。

各建物の中にはベッドや布団はもちろん、調理器具や食器なども揃う。「ラグーナテンボス」に併設のショップ「フェスティバルマーケット」で食材を調達して、海辺のバーベキューを楽しむ家族も多いという。【画像2】(左)センターハウスから続く「アウトドアエリア」(右)4棟の小屋が並ぶキャンピングエリア(写真撮影/倉畑桐子) 【画像2】(左)センターハウスから続く「アウトドアエリア」(右)4棟の小屋が並ぶキャンピングエリア(写真撮影/倉畑桐子)【画像3】ロフト付きの12畳の小屋「bakken」にはダッチオーブンも用意。使ってみたくなる調理器具が揃う(写真撮影/倉畑桐子)

【画像3】ロフト付きの12畳の小屋「bakken」にはダッチオーブンも用意。使ってみたくなる調理器具が揃う(写真撮影/倉畑桐子)

朝から晩まで稼働する働き者のモデルハウス

展示場なのに泊まっていいのはなぜか。それはズバリ「使っていない時間の、モデルハウスの有効活用です」と鴨下さん。「私たちは元々住宅会社のコンサルティングをしています。住宅展示場の運営には固定費や人件費がかかるため、顧客である住宅会社さんの負担が大きい。そこで見学できる建物を日替わりにし、11時から17時までは住宅展示場、17時からはホテルとしてモデルハウスが稼働するスタイルを考案し、運営しています」。

このスタイルであれば、宿泊費用により展示場の運営費の一部を賄えるし、自社の営業担当者が駐在しなくても運営会社の専門スタッフが住宅の魅力を伝えることができるなど、出展する住宅会社にもメリットが大きい。宿泊者にとっては、好立地にある個性的な1棟をホテルとして楽しむことができる。【画像4】ステップフロアが特徴的な「one-HAPPY」は、1人の時間も楽しめそう(写真撮影/倉畑桐子)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。