体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大人の「人見知り」こそ実践したい、人の心を掴むコミュニケーション術とは?

コミュニケーション総合研究所代表理事の松橋良紀さん。そんな松橋さんに「コミュニケーションの極意」についてお話しいただくこのコーナー。第28回目は「人見知りでもすぐに実践できるコミュニケーションのテクニック」についてです。

f:id:fujimine:20170824115439j:plain

「新卒採用で重視していること」という企業アンケートでは圧倒的にコミュニケーション能力を重視していることが以下の結果からわかります。

コミュニケーション能力 85.6%

主体性 60.1%

チャレンジ精神 54.0%

協調性 46.3%

誠実性 44.4%

責任感 27.4%

論理性 27.2%

潜在的可能性 20.8%

リーダーシップ 20.5%

柔軟性 16.8%

(出典)経団連「2015年度新卒採用に関するアンケート調査結果」一部抜粋

私が開催している話し方セミナーやコミュニケーション心理セミナーには、「上司から『お前はコミュニケーション能力がなさすぎるから、何かセミナーに行って来い』と言われて来ました」という方が何人もいます。コミュニケーション能力は、新卒だけが求められる能力ではありません。会社で仕事をする以上、常に求められるスキルなのです。

なぜこれだけ、コミュニケーション能力を重視する会社が多いのでしょうか?

それはやはり、コミュニケーション能力が低いために、育成に苦労をしている会社が多いためと考えられます。

コミュニケーションとは何か?

私は、コミュニケーション専門家として講師をしたり、コミュニケーション心理学の書籍の執筆をする仕事を始めて10年以上が経ちます。この仕事をしていてびっくりしたのは、多くの方が「大人の人見知り」に悩んでいるということです。

明るくてさわやかで初対面から笑顔で話が弾んだ人が、「実は私、人見知りなんです。知らない人ばかりのところに行くのが苦手なんです」「コミュニケーションが苦手なんです」とおっしゃいます。誰から見ても社交的なのに、本人は苦手意識を持っていることは少なくありません。人見知りは決して悪いことではありませんが、仕事柄人見知りを克服したい、という方のために、コミュニケーション能力を高めるテクニックについてお話します。

では、コミュニケーション能力とはいったい何を指すのでしょうか?

基本スキルは2つです。

伝える技術と、受け取る技術です。

伝える技術とは、話すことと、書くことです。

受け取る技術とは、聴くことと、読むことです。

初対面の人と話すことに苦手意識を持っている人は、伝えて、受け取って、また伝えるという、基本的なキャッチボールがうまくできないのです。

私は小学生のころ、野球をしていました。顧問の先生の指導で、練習は必ずキャッチボールから始まります。キャッチボールでは、適切なコントロールと、適切なスピードが大事です。コントロールが狂って、相手が受け取りにくいところに投げてしまうとキャッチボールは続きません。また、近距離なのに全力で投げたら、相手がキャッチできないどころか、大ケガをさせてしまう危険もあります。

コミュニケーションでの会話は、このキャッチボールに似ています。

コミュニケーションが苦手な人は、違う方向にボール(会話)を投げてしまったり、相手との距離感を考えずに、「ほら、私が投げるボール(話)ってすごいでしょ」と言わんばかりに、全力で投げたりします。

また、コミュニケーションが苦手な人は受け取る技術も下手です。

投げた相手が気持ちよくなるような受け取り方ができません。

次にどんなボールを投げようか、ということばかり考えて、相手がボールを投げ返したことに気づかない人もいます。

ひどい人になると、「あなたのボールには興味がない。自分にもっと投げさせろ」と、相手が投げ返してきたボールには見向きもしないで自分だけ投げ続けている人もいます。

コミュニケーションで大事なのは、スムーズなキャッチボールができるかどうかです。そのためには、適切な話し方と、相手が満足する聴き方の両方が大事なのです。

聴き方を磨く

あなたの周りにも、コミュニケーションがうまい人がいると思います。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。