体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

占いは「当たってない」と思った時ほど要注意?

占いは「当たってない」と思った時ほど要注意?
J-WAVEの番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。8月23日(水)のオンエアでは、占星術研究家の鏡リュウジさんをゲストにお迎えして、下半期の運勢をズバリ占って頂きました!

今年の下半期は占星術で星回りを見ると、木星が10月10日頃から、天秤座から蠍座に移動するそう。「これまでの1年は天秤座的な1年でした。天秤座っていうのは、人間関係とか結婚がキーワードなんですね。なので、とってもめでたいロイヤルファミリーのご結婚の話がありましたよね。実は前の前の時には、ダイアナ妃の結婚もあったりして、やっぱりそういうこともあったりするのかなって思ったりするんです」と鏡さん。

そんな木星が蠍座に入ってくるのですが、蠍座は、より深い人間関係になるので、他の人には言えない自分たちだけの関係や、いろんなものをシェアしていくことがキーになってくるそう。

「だからパートナーがいる方は『自分たちだけの本当の心の中を見せ合う』、シングルの方は、ご自身の心の奥底の深い面とか、ダークな面を見ていくっていうのが大事」(鏡さん、以下同)

幸運をもたらすといわれている木星が入る蠍座は、12星座の中で、10月からのこの1年、一番運勢が良いそう。その前は天秤座だったのですが、この1年で何もなかったという方もいらっしゃると思います。

「でもそれは、新しいことが始まる時なんですね。だから自覚がないかもしれない」とおっしゃいます。どうしても運勢は1週間、1ヶ月と短いサイクルで結果を考えてしまいがちですが、長いと12年、短くても4年か6年というサイクルで考えるものなのだそう。

蠍座の次に運勢がいいのは、蟹座、魚座という蠍座と同じ「水のグループ」で、この他には牡牛座もいいと鏡さんはおっしゃいます。

クリスは牡牛座なのですが、これから出会いが広がる時になるそう。そのため、毎日いろいろなゲストが登場するこの番組のナビゲーターにはぴったりだと鏡さんはおっしゃいます。

ちなみに鏡さんは、ご自身で自分のことを占ったりするのでしょうか? という質問に「あんまり自分のことは見ないですけど、時々見ますね」と答えていました。しかし、星の動きがすべて頭に入っているので、占わずともだいたいはご自身の運勢はわかっているそう。

「でもそれで、具体的に決定したりってことはあんまりなくて。事が終わってから『あれはどういう事だったんだろうか?』っていう風に、後から見たりします」と鏡さん。占いはあくまで参考程度に楽しむものなのですね。

中には、「占いなんて信じない」という方もいらっしゃると思うのですが、それでもいいと鏡さんはおっしゃいます。

「ただ、やってみると気になる部分って出てきちゃうんです。気になる部分っていうのは、自分の中で引っかかっている部分だから『あ、今まで気がついてなかったけど、自分にこんな面があったな』って気がついていただけたら、それが占いの役割かな」

さらにこんな気になることもおっしゃいました。「『これは当たってないよ』という感じになった時は要注意です。というのも、だいたい占いの言葉って、いろんな人に当てはまるように作ってるんですよね。それにも関わらず『これは違う』って思ったときというのは、自分が受け入れたくない面なんですよ。ってことは結構、合ってたりする」とのこと。

信じている、信じていないは別にして、一度占ってみると何かしらの発見があるかもしれませんね♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。