体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

原宿ファッション・カルチャーを世界へ、ラフォーレ原宿による新プロジェクトがスタート

1708241

ラフォーレ原宿による原宿ファッション・カルチャーを世界へ発信する新たなプロジェクト第1弾「Laforet HARAJUKU World Tour / Paris 2017」が2017年9月よりフランス・パリでスタートする。

第1弾のプロジェクトでは、2017年9月8日~11日パリで開催される欧州最大規模のファッション国際見本市「Who’s Next / Premiere Classe」に出展する。
ラフォーレ原宿で展開中のコレクションブランドからゴシック&ロリータまで、約20社のブランド・ショップなどが参加し、2017年の秋冬シーズンのアイテムを中心に原宿ファッション・カルチャーを代表するファッションアイテムを展示する。

また、2018年春夏・パリコレクションと同時期の2017年9月23日~10月3日には、パリのセレクトショップ「L‘EXCEPTION(レクセプション)」にて期間限定POP UP SHOPをオープンする。原宿ファッション・カルチャーを象徴するブランドやショップの2017年秋冬シーズンのアイテムを販売する。
「L’EXCEPTION」は、400以上のブランドを取り扱っているフレンチブランドのオンラインコンセプトストア。パリで注目されている最新ブランドにフォーカスし、独自性のあるブランドやアイテムのセレクションが人気を集めている。

「Laforet HARAJUKU World Tour」プロジェクトを通じ、原宿ファッション・カルチャーのグローバル発信だけでなく、出展・参加ブランドのビジネスチャンス拡大も目指している。渋谷区観光協会とPR連携し、ファッションの街としての原宿や渋谷を紹介するほか、ESMOD INTERNATIONAL(東京校・パリ校)や文化ファッション大学院大学とも連携し、学生が制作した衣装展示や学校の紹介などをも予定している。

世界的にファッションの街として注目を集める原宿の地で、国外の新鋭ブランドや新たな企画プロジェクトを誘致するなど、グローバルな視点で最先端の提案を続けてきたラフォーレ原宿。2017年10月に開業39周年を迎え、原宿ファッション・カルチャーを国内だけでなく、世界へ向けてさらに発信していく。

■「Who’s Next / Premiere Classe 」出展概要
日程:2017年9月8日(金)~9月11日(月)
場所:Porte de Versailles 1 place de la Porte de Versailles 75015 Paris
参加ブランド・ショップ:ALICE and the PIRATES、Angelic Pretty、Ank Rouge、BABY, THE STARS SHINE BRIGHT、BATTY GARAGE BY AYMMYS、Ciara、E hyphen world gallery BonBon、feast、FURFUR、gelato pique、H>FRACTAL、HARE、Honey Salon、Jane Marple、jouetie、MAJESTIC LEGON、NILE PERCH、RoseMarie seoir、WALL、XLARGE®、カオリノモリ

■「Laforet HARAJUKU POP UP SHOP in Paris」
日程:2017年9月23日(土)~10月3日(火)
場所:L’EXCEPTION 24, rue Berger 75001 Paris
展開ブランド:ALICE and the PIRATES、Angelic Pretty、BABY, THE STARS SHINE BRIGHT、BATTY GARAGE BY AYMMYS、Ciara、E hyphen world gallery BonBon、feast、FURFUR、gelato pique、H>FRACTAL、HARE、Honey Salon、Jane Marple、KEORA KEORA、NILE PERCH、WALL、X-girl、XLARGE®

■「Laforet HARAJUKU World Tour / Paris 2017」:特設サイト(9月公開予定)
http://www.laforet.ne.jp/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。