体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

財布は「長財布」でも「二つ折り」でもいい。大切なのは…――ビジネスファッションの常識・非常識

「見た目より中身が重要だ」と語る人は少なくありません。しかし、問題は、決めるのはあくまで相手だ、ということです。どんなにスキルを身につけていたとしても、印象というのは一瞬で判断されてしまうことも少なくありません。ところが、そんなに大事な「見た目」がもし、残念なことになっていたとしたら……。実は恥ずかしいことになっていた、としたら……。

これが決して少なくない、と語るのは、著書『ビジネスという勝負の場は一瞬、しかも服で決まる』が大きな話題になっている木暮桂子さん。実は誰も教えてくれなかった「あれ?」と思われないためのビジネスファッション講座、第5回最終回のテーマは、ビジネスファッションにふさわしい「小物」です。f:id:k_kushida:20170821191300j:plain

株式会社ディグニータ 代表取締役 木暮桂子さん

シンガポール航空にて、フライトアテンダントとしてシンガポールに駐在。その後帰国し、株式会社グロービスの創業期から現在のグロービス経営大学の立ち上げに関わる。その後、独立。経営者、政治家等をクライアントにした外見力強化のコンサルティング、スピーチトレーニング、企業向け研修などを手がける。これまで1000名以上の見た目を変え、外見力強化を実施、依頼が後を絶たない。近著に『ビジネスという勝負の場は一瞬、しかも服で決まる』(ダイヤモンド社)。

株式会社ディグニータ HPはこちら

黒革のもの。フェイスが薄いものがおすすめ

f:id:k_kushida:20170822154958j:plain

ビジネスファッションにおいて、意外に悩ましいのが、時計です。いったいどんな時計をするのが、スマートなのか。やはりそれなりの値段のものがいいのか。ブランドのものは、避けたほうがいいのか……。木暮さんはポイントは2つある、と語ります。

「どんな時計がビジネスにふさわしいのか。よく聞かれる質問です。おすすめするのは、まずは黒革のもの、ですね。黒い革ベルトは、きちんとした感じが出ます」

そして、もうひとつが、フェイスの厚さです。

「文字盤のフェイスが薄いものがいいですね。フェイスの色は黒でも白でもかまいませんが、フェイスが薄くなればなるほど、フォーマル度の高い印象をつくってくれます」

金属の部分は、基本的にシルバー。金属の部分がゴールドの時計もありますが、男性のゴールドは、どうしてもギラギラしてしまうから。

ベルトが金属製のものは、すすめない、と語ります。

「どうしても、派手な印象になるものが多いからです。どうしても金属製にしたいなら、シルバーステンレスの、できるだけシンプルなものにしましょう。パッと見て、あのブランドかな、と思われてしまう時計もおすすめしません」

これはなんだろう、と違和感を持たれることが問題だから。木暮さんのコンサルティングでは、セイコー、オメガ、IWCのベーシックなものをすすめているそうです。

黒か茶の革製のシンプルな細身の財布を

f:id:k_kushida:20170822155056j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。