体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

99年に一度のアメリカ横断「皆既日食」にニューヨーカー大興奮!【現地ルポ】

現地レポート】ニューヨーカーが大興奮!2017年アメリカ横断皆既日食
2017年8月21日(月曜日)アメリカでは、太陽が月と重なり完全に隠れる「皆既日食」が14州で観測されました。アメリカを横断して、99年に一度の天体現象「皆既日食」に、アメリカ中が大興奮。

ニューヨークでも2週間ほど前から皆既日食予告のニュースを連日放送し、日食観測メガネなど「皆既日食」グッズも飛ぶように売れていました。

日食は「グレート・アメリカン・エクリプス(Great American Eclipse)」とネーミングされ(アメリカ人はグレートをつけるのが好き)、指折り数えてその日を待ったのです。

人生で一度しか見られないイベント

現地レポート】ニューヨーカーが大興奮!2017年アメリカ横断皆既日食
人生に1度しか見られないであろう天体イベント。ニューヨークシティでは完全に重なることはない「部分日食」でしたが、ニューヨーク中が盛り上がりました。タイムズスクエアでは旅行客が「ニューヨークで、グレート・アメリカン・エクリプス(Great American Eclipse)見物!」と集まっていましたよ。

2017年8月21日(月曜日)皆既日食当日の現地レポートをお届けします。

皆既日食はアメリカ14州を横断した

現地レポート】ニューヨーカーが大興奮!2017年アメリカ横断皆既日食
(C)Michael Zeiler, www.GreatAmericanEclipse.com 

「皆既日食」は西海岸のオレゴン州から東海岸のサウスカロライナ州まで14の州で観測されました。ニューヨーク州など他の地域では「部分日食」を観測しました。

NASA Eclipse-Maps https://eclipse2017.nasa.gov/eclipse-maps

現地レポート】ニューヨーカーが大興奮!2017年アメリカ横断皆既日食
観測用メガネは宇宙現象の理解を深める教育ツールとして、全米約7,000以上の図書館で配布されたようです。こういうところは、アメリカの太っ腹さを感じますね。

ちなみに当写真を撮影したフォトグラファーは入手し忘れていて、サングラスを2枚重ねて撮影しましたが、危険なので真似しないほうが良いでしょう(汗)。

現地レポート】ニューヨーカーが大興奮!2017年アメリカ横断皆既日食
タイムズスクエアには、現地日系テレビのレポーターも登場。

現地レポート】ニューヨーカーが大興奮!2017年アメリカ横断皆既日食
ニューヨーク時間 1:41pm 少しづつ太陽と月が重なってきました。

エンパイア・ステート・ビルディング(Empire State Building)と「グレート・アメリカン・エクリプス(Great American Eclipse)」

現地レポート】ニューヨーカーが大興奮!2017年アメリカ横断皆既日食
エンパイア・ステート・ビルディング(Empire State Building)と「グレート・アメリカン・エクリプス(Great American Eclipse)」。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。