体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

甘酸っぱ~い香味ダレで「油淋鶏風そうめん」と、麺のくっつきを防ぐ「2つのルール」

f:id:yuu514:20170822063328j:plain

こんにちは、料理研究家のYuu*です。

まだまだそうめんがおいしい季節! 今週は甘酸っぱ~い香味ダレがヤミツキになる「油淋鶏風そうめん」をご紹介させていただきます。

こちら、ゆでたそうめんに、カリカリに揚げ焼きした豚バラをのせ、あとは、ニラ・にんにく・しょうが入ったスタミナたっぷりの油淋鶏だれをかけたら、できあがり!

ポイントは、そうめんのゆで方と下処理。今回はめんつゆにつけて食べるスタイルではないので、麺がくっつきやすいのが悩みどころ。そこで今回ご紹介する2つのルールを守れば、「麺がお箸に全部くっついてきちゃった(笑)」なんて事態を防げますよ。

Yuu*の「カリカリ豚バラのせ 油淋鶏風そうめん」

【材料】(2人分)

そうめん 100g(ゆでた状態で200g) 豚バラ肉(しゃぶしゃぶ用) 150g 片栗粉 大さじ2 ごま油 大さじ1 サラダ油 大さじ5

(A) しょうゆ、酒 各小さじ1

(B) 長ねぎ(みじん切り) 1/2本 ニラ(7~8mm長さのザク切り) 2本 しょうゆ、酢、ごま油、いり白ごま 各大さじ1 オイスターソース 大さじ1/2 砂糖 小さじ1 にんにくチューブ、しょうがチューブ 各1~2cm

作り方

f:id:yuu514:20170822063343j:plain

1. そうめんは袋の表示より短めにゆで(私の場合は2分ゆでのものを1分)、流水でよくもみ洗いする。水気を切って、ごま油をまぶす。

※麺を少し短めにゆでるのと、ごま油をまぶしておくことで麺がくっつきにくくなります!

f:id:yuu514:20170822063346j:plain

その間に(B)を合わせておく。

f:id:yuu514:20170822063355j:plain

2. 豚バラは、(A)をもみ込み、片栗粉をまぶす。

f:id:yuu514:20170822115513j:plain

3. フライパンにサラダ油を中火で熱し、2を広げて入れる。1分30秒ほど揚げ焼きしたら裏返し、もう片面も同様に、1分30秒ほど揚げ焼きにする。全体に火が通り、カラッと揚がったら、ペーパータオルの上に取り出して余分な油を切る。

※豚バラは、炒めるというよりは、じっくりと焼くイメージで! あまり頻繁に触るとカリカリに仕上がらないので、途中1回返す時以外は、放置で大丈夫です!

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。