ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

絶品お寿司が食べ放題!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

8月23日放送の「よじごじDays」(テレビ東京系、午後15時40分~)では、お得に楽しめる食べ放題を特集した中で、「寿しやの台所・道玄坂」(東京都渋谷区)が紹介された。

2017年7月にオープンしたばかりのこちらのお店では、漁港から直送された新鮮な魚介を職人が握る極上寿司の食べ放題が自慢なのだとか。
こちらでは、通常「本まぐろ・赤身」(1貫302円/税込)のところ、「食べ飲み放題」(90分3,780円)だ。握りのネタは30種類以上、蛸の唐揚げやあら汁、海鮮サラダなどのサイドメニューが約10種に、ソフトドリンクの飲み放題もついてくるお得さだ。シャリ抜きを頼むと刺身盛りも味わうことが出来る。デザートのジェラートは3種類だ。

川田広樹さんは「ヒラメ」「タイ」を1貫ずつ、「本マグロ」を3貫、くぼこまきさんはそれにさらに口直しとしてサイドメニューの「たたききゅうり」を注文。
お寿司の食べ放題で220貫食べたことがあるという三宅智子さんは、握り全部を注文した。

提供された「ヒラメ」「タイ」「本マグロ」を見た三宅智子さんは「えっ、これ食べ放題の?すごい!」とビックリ。3人は「おいしそうですね」「食べ放題で出てくるお寿司じゃないですね、これ。ビックリしました」とうれしそうだ。
一方、三宅智子さんの元には握りと軍艦全部盛りの20貫が桶に入ってやってきた。通常は2人前のボリュームだ。

「ヒラメ」を食べた川田広樹さんは何度も頷きながら「うん!おいしい!淡泊なんですけど、脂がのっててやわらかくておいしいです。ちょっとあの、食べ放題のレベルじゃないですね」とコメント。
三宅智子さんも「お寿司の食べ放題いろんなところに行かせてもらってるんですけど、ここはレベルが違いますね!」と頷いた。
「ひとつ食べるごとに、すごい幸せを感じますこれ」と嬉しそうにどんどん食べる三宅智子さん。
「中トロ」を食べた川田広樹さんは親指を立て「おいし~!」と嬉しそうだ。
いくらおろしの載った「サーモン・炙り」を食べた三宅智子さんは「うん!この炙った香ばしさと脂の溶け具合が何個でもいけそう…」とにっこり。

「大トロ」「中トロ」「赤身」とその炙り、さらに「サーモン・炙り」を注文した三宅智子さんは大きく一口で頬張り何度も頷いて「すーごい、とろけますねほんとに」と幸せそうだ。
さらにジェラートで口直しをした三宅智子さんは最後に「メカジキはらみ・炙り」と「サーモン・炙り」を注文。
「メカジキはらみ・炙り」を食べて「この食感の、初めてずっと食べてたいです、これ!」と絶賛し、最終的に38貫を完食した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:寿しやの台所 道玄坂(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:渋谷のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:渋谷×居酒屋のお店一覧
ジューシーだけれどサッパリしたステーキがいただけるお店
インドの家庭料理を楽しめるお店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。