体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『ギャラクシー・クエスト』のテレビシリーズ化、新たな脚本家を迎えて再始動

エンタメ
映画『ギャラクシー・クエスト』のテレビシリーズ化、新たな脚本家を迎えて再始動

傑作SFカルト映画『ギャラクシー・クエスト』(1999年)のテレビシリーズ化が、コメディアンのポール・シェアー(シットコム『The League』<原題>)を脚本に迎えて再始動する。

この人気映画のテレビシリーズ化の話は2015年から持ち上がっていたものの、2016年にアラン・リックマンが亡くなったことで立ち消えになっていた。原作に出演したティム・アレン、シガーニー・ウィーヴァー、トニー・シャルーブ、サム・ロックウェル、ダリル・ミッチェルが新シリーズに参加するかは分かっていない。

アレンは、ABCのコメディ『Last Man Standing』(原題)が放送終了となったため、参加できるかもしれない。CBSの政治諷刺コメディ『BrainDead』(原題)がわずか1シーズンで終わったシャルーブも同様の状況だろう。ウィーヴァーは現在、アクションシリーズ『Marvel ザ・ディフェンダーズ』に出演中だ。

原作映画の脚本を共同執筆したロバート・ゴードンが当初テレビシリーズの脚本も担当する予定だったため、シェアーはその後任ということになる。

シェアーはエンタメ情報サイト『Deadline』に対し、「多くは明かせないが、近年のSF映画の急増と人気を考えると、『ギャラクシー・クエスト』のストーリーを復活させるには最高のタイミングだ。その世界を作り上げる一員になれて本当に興奮してる。一ファンとしての自分が見たいとおりの方向でいくよ」と話している。

シェアーは現在、ABCのコメディ『フアン家のアメリカ開拓記』に出演中で、HBOのコメディ『Veep/ヴィープ』にもゲスト出演している。彼がこれまで脚本を手掛けた作品には、『The League』やシットコム『Childrens Hospital』(原題)がある。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

映画『ギャラクシー・クエスト』のテレビシリーズ化、新たな脚本家を迎えて再始動

まるで別人!マーゴット・ロビーが新作映画でクイーン・エリザベス1世に大変身

危険と言われても皆既日食を直視してしまうドナルド・トランプ大統領・・・【映像】

『ジャスティス・リーグ』のバットマンは従来の姿に近いとベン・アフレックが明かす

ブロードウェイミュージカル版『アナと雪の女王』の画像が初公開

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会