体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【浴衣】自宅(家庭)での洗い方をご紹介!洗い方から干し方まで動画付きで解説

趣通信スタッフの紅子です。

立秋も過ぎ、この夏を一緒に楽しんだ浴衣も、そろそろ洗いたい季節ですね。
汗をかいたり外のほこりを吸ってしまったときも、さっと洗ってサッパリしたいもの。

そこで今回は、浴衣をご自宅で洗う方法をご紹介します。(ただし自己責任でお願いします。)
基本的には汗を水で洗い流す、という考え方ですので、明らかに大きなシミをつけてしまった場合などは専門店に相談されることをおすすめします。

 

本コラムは毎週、月曜日のお昼12時半〜趣-omomuki-のFacebookページ・Instagramアカウントにて配信をしております#趣ライブの第10回目「浴衣の洗い方」を元に作成したものです。

 

■浴衣を自宅で洗う際に用意するもの

中性洗剤(いわゆる「おしゃれ着あらい」洗剤)
桶やバスタブ

 

■自分で洗わない方がいいもの

細かい絞りのもの(鹿の子絞りなど)
少しでも色落ちなどが気になる、大切な浴衣

 

自宅での浴衣を洗う手順をご紹介

1.浴衣をきれいに本だたみする。

スクリーンショット 2017-08-24 08.59.34

たたみながら汚れのチェックをしましょう。

 

2.桶のサイズに合わせてさらに半分〜三等分に。

スクリーンショット 2017-08-24 09.01.09

衿や裾が気になるときには外側になるようにしておくと洗いやすいです。

3.桶(バスタブ)に水をため、浴衣に水を浸透させます。

スクリーンショット 2017-08-24 09.02.21

※縮みや色落ちの原因になるのでお湯は使わないでください。

 

4.洗剤を入れ、水をかきまぜて泡立てます。

スクリーンショット 2017-08-24 09.03.58

 

5.浴衣を全体的に押し洗いします。

スクリーンショット 2017-08-24 09.05.01

袖、衿、裾など、気になるところはもみ洗いします。こすらないように。

 

6.すすぎます。洗剤が残らないように、何度か水を取り替えてください。

スクリーンショット 2017-08-24 09.06.07
1 2次のページ
趣通信の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。