体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPadとMacユーザー必見!無線でiPadをセカンドディスプレイにしてくれるスティック「Luna Display」

iPadをMacのセカンドディスプレイとして利用している人も多いのではないだろうか?実は私もその一人で、今まで「duet」というアプリを使って実現してきた。

元Appleの社員が開発したアプリということでMacとの親和性も大変高く、クオリティも問題ないのであるが、有線であるということが難点の一つだ。そして、今回紹介する「Luna Display」はduetのさらに上をいくかもしれない。

・無線で高品質なセカンドディスプレイを実現

Luna Displayは、専用の小型スティックをMacのMini DisplayポートかUSB-Cポートに接続し、WiFiと専用アプリを通してiPadを無線セカンドディスプレイにしてくれる。従来の似たアプリは、どれもMacのソフトウェアに依存していたため、多少iPad側でラグがあったり、投影される画像の質が低くなってしまったりと、ユーザーはそれらの点を妥協して利用してきた。

しかし、Luna Displayのスティックがいわゆる拡張ハードウェアのような位置付けとなるため、ソフトウェアのグラフィックスパフォーマンスを支え、高品質なセカンドディスプレイを実現してくれるのだ。

・Apple Pencilなどのアクセサリーにも対応

もちろんiPad側はタッチパネルなので、指で操作することも可能で、2本指スクロールにも対応している。さらに、Apple PencilやBluetooth Keyboardにも対応しているため、クリエイターにとっても満足のいく環境を用意できるのではないだろうか?

Luna Displayは、Kickstarterにてキャンペーンを実施しており、今なら1つ59ドル(約6480円)で注文できる。キャンペーン開始後なんと数時間で資金調達を完了させてしまったほど、世界から注目されている。

キャンペーンは2017年10月19日まで実施されているようなので、まだまだ間に合うぞ!

執筆:Doga

Luna Display/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。