体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

廃墟の女王で、マヤ遺跡の話をした。

廃墟の女王で、マヤ遺跡の話をした。

摩耶山・マヤ遺跡ガイドウォークレポート、最終回は、主催者である「摩耶山再生の会」事務局長、慈憲一さんへインタビューを行った。摩耶山再生の会とは? 人間味溢れるガイドウォークはいかにしてうまれた? そして慈さんの思う「遺跡の魅力」とは一体何なのか。

「遺跡の魅力は、
 ”永遠のものではない”ということ」

廃墟の女王で、マヤ遺跡の話をした。

——慈さんが「摩耶山再生の会」の活動を始めたのはいつごろなんですか?

 平成23(2011)年からなので、もう6年くらいですね。

——何かきっかけがあったんですか?

 摩耶ケーブルと摩耶ロープウェーが廃止になるという話があって、それは由々しき問題だと思って。みなさんに来てもらえるような仕掛けを作ろうということで始めました。

——慈さんご自身も、この摩耶山がある灘区のご出身なんですよね? 

 そうですね。「摩耶山再生の会」自体、ほぼ地元の人間で構成されているんですよ。

——ガイドでは「小さいころはこのあたりで走り回って…」というような実体験が入っていて、それがとても印象的でした。

 そういう昔話ばっかりしてますね(笑)。本に載っていることより実体験のほうが伝わるのかなと思って、なるべくそういうエピソードを入れるようにしています。

——「摩耶山・マヤ遺跡ガイドウォーク」が始まるまでの経緯は? 

 マヤカンだけじゃなくて、今日見てもらった天上寺跡とか、忘れ去られている遺構をどう地域資源化するかを考えていて。そのなかで「ツアーをしようか」という話に。それが3年くらい前かな。その時「マヤ遺跡」っていう名前をつけて、南米っぽくしようと(笑)。 

——ガイド中にも、「摩耶山はピラミッドなんだ」とおっしゃっていましたけど、それは誰の発案だったんですか? 

 僕です、そういうのが好きなんです(笑)。「摩耶」じゃなく、カタカナで「マヤ遺跡」って書いてたら、「え!?」って思って見てくれるかもしれないじゃないですか。僕はいいことしようなんて考えてないんで、そんなノリです(笑)。 

——おもしろいと思います(笑)。ガイド中、参道が年々傾いていて「来年はないかも!」とおっしゃっていたんですが、慈さんの姿勢は「遺構を無理に修復せず保存していく」ということが軸ですよね?

 そうですね。僕たちのスタンスはあくまでツアーをすることで、維持することではないんです。修復・保存となると、それはオーナーさんの意向になってきますしね。でも、軍艦島に行った時に、ガイドさんに「この景色、来年あるかどうかわかりませんよ」って言われて、僕は結構ぐっときたんですね。こういう遺跡の魅力は、「永遠のものではない」ことというかね。今この瞬間見てもらうというのが一番いいなと。それであえて「来年はないかもしれませんよ!」なんて言い方を。まあしばらくは残ると思うんですけど(笑)。

——私も思わずシャッターを切りました。

 山中の遺跡だけじゃなくて、摩耶ケーブルも「ずっと動いているものだろう」と思っていたら、急に廃止になるんですよ。永遠じゃないからこそ、その時々でしっかり大切にしていくということが大事なんだと思います。

「灘区には、オーナー、行政、地元の
 美しいトライアングルがあるんです」

廃墟の女王で、マヤ遺跡の話をした。

——ガイドウォークなどを通じて、摩耶山の遺構を地域資源として活用されているわけなんですけれども、何か行政からのサポートはあるんですか。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。