体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

派遣社員やパートでも住宅ローンは借りられる?独身女性の住宅ローン実態が明らかに

派遣社員やパートでも住宅ローンは借りられる?独身女性の住宅ローン実態が明らかに

モーゲージバンク(住宅ローン専門の金融機関)のARUHIが、自社のローンを利用した女性単身者の成約データを分析したところ、堅実な住宅購入事情がうかがえる結果になったという。住宅ローンを借りるというと、正規雇用の場合を想像しがちだが、パートタイマーや派遣社員、短期社員など幅広い層が住宅を購入していることも分かった。【今週の住活トピック】

「単身女性の住宅ローン利用状況調査」発表/アルヒ(ARUHI)

住宅を買った単身女性の4人に1人は自営業や派遣、パートなど

ARUHIの調査結果によると、2016年に住宅ローンを借りた単身女性495人の年齢は、平均で42歳。40 代が最も多く41.5%、次いで30 代が32.6%、以下50 代 13.4%、20 代 7.9%、60 代 4.5%、70 代 0.2%の順となった。30代~40代が主力層だが、20代から70代まで幅広い年齢層がローンを借りて住宅を購入したことが分かる。【画像1】単身女性の購入時の年齢(出典/ARUHI「単身女性の住宅ローン利用状況調査」より転載)

【画像1】単身女性の購入時の年齢(出典/ARUHI「単身女性の住宅ローン利用状況調査」より転載)

ローンを借りた時の職業は、会社員や公務員が中心ではあるものの、長期的な収入が不安定と見られがちな自営業や派遣社員、パートタイマー、短期社員などが約24%を占めた。【画像2】単身女性の購入時の職業(出典/ARUHI「単身女性の住宅ローン利用状況調査」より転載)

【画像2】単身女性の購入時の職業(出典/ARUHI「単身女性の住宅ローン利用状況調査」より転載)

年収200万円台、300万円台で、いくらのローンを借りている?

単身女性の住宅購入金額の平均は2596万円、住宅ローンの借入金額の平均は2186万円だった。ちなみに、単身男性の場合は住宅購入金額が約2750 万円、借入金額は約2460 万円(同社調べ)ということなので、男性と比べると金額は低めとなっている。

おそらく女性の方が男性より借入金額などが低めに出たのは、年収帯の違いによるものだろう。

購入時の年収を見てみると、年収200万円台から1000万円以上と、こちらも幅広い層が住宅を購入していることが分かる。特に単身女性の場合、200万円台(約22%)、300万円台(約24%)、400万円台(約22%)と年収が200万円台~400万円台に集中していることが大きな特徴だ。

年収帯別の平均借入金額を見ると、年収が多いほど借入金額が増えるが、3000万円以上借りている単身女性も相当数いるようだ。ただし、年収200万円台(平均借入額1248万円)や300万円台(平均借入額1965万円)のボリュームの多さが、男性より借入金額が低めに出た理由と思われる。【画像3】単身女性の購入時の年収(出典/ARUHI「単身女性の住宅ローン利用状況調査」より転載) 【画像3】単身女性の購入時の年収(出典/ARUHI「単身女性の住宅ローン利用状況調査」より転載)【画像4】単身女性の年収別の平均購入金額・平均借入金額(出典/ARUHI「単身女性の住宅ローン利用状況調査」より編集部作成)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。