体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

食欲の秋に太らない!スマートスケール搭載のランチパック「MACROPACK」で賢く栄養管理

秋は何かと食べ物がおいしい季節。ついつい食べ過ぎて、気が付いたら体重が増加!そんな事態は、くれぐれも避けたい。体重も栄養も賢く管理して、さわやかに秋を過ごしたいものだ。

そんな折に見つけたのが、この製品。スマートスケール搭載のランチパック「MACROPACK」だ。これ1つで栄養管理ができるスグレモノ。健康管理の強力なサポーターになること、間違いなしだ。

・食材を詰めるだけでグラム数を自動計算!

一見、普通のシンプルなお弁当箱。この中に、独自のモジュール式マクロコンテナシステムが組み込まれている。面倒なカロリー計算は不要。食材を詰め込むだけで、気軽にマクロダイエットを実践できるというのが、本品最大のウリだ。

・面倒なマクロダイエットを気軽に実行

マクロダイエットで必要なのは、タンパク質、炭水化物、脂肪のグラム数をカロリー目標内で摂取すること。そのためには、適切な比率を特定しなければならない。本来人間がやるべきこの部分を肩代わりしてくれるのが、「MACROPACK」。箱の仕切りに食材を詰めると、蓋部分に取り付けられたデジタルスケールが、自動でグラム数を計測。あとは、セオリー通りの数字に合わせて、分量を加減すればいい。マクロを継続的にカスタマイズしていけば、2〜5%の体脂肪を1ヶ月で減少させることも、可能だという。

素材は、BPAフリーの竹メラミン製。取り外して洗えるので、衛生面もバッチリだ。現在、Indiegogoで、出資を募っている最中。すでに、目標の2倍以上の額を達成している。プレオーダー価格は、60ドル(約6600円)から。受け付けは、9月25日まで。

MACROPACK/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。