ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

銀杏BOYZ、三ヶ月連続第二弾シングル「骨」MV公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

銀杏BOYZが8月30日にリリースするシングル「骨」のミュージックビデオが公開された。
「骨」MVキャプチャ (okmusic UP's)

高円寺の商店街を背景に峯田和伸と麻生久美子がただただ歩く映像になっており、NHKBSプレミアムドラマ「奇跡の人」でも二人は共演しているのだが、峯田×麻生の二人が歩く姿は2003年に公開された映画「アイデン&ティティ」を彷彿させる。途中で現れる前野健太にも注目だ。

2016年に発表したシングル「生きたい」で、「人間」「光」に続き、峯田は自らを断罪し、世に咆哮を捧げ、銀杏BOYZとしてロックの光と影の三部作を完結させた。それから一年が経ち、新たなる三部作を7月から三ヶ月連続で発表している。第一弾シングル「エンジェルベイビー」では、ストレートであり、ど真ん中な銀杏BOYZらしいポップな一面もみせていたが、今作「骨」では前作とは異なる銀杏BOYZの甘く淡い一面がふんだんに詰まった作品に仕上がった。

M1「骨」は、2016年に安藤裕子に楽曲提供した楽曲。自身が主演を務めたNHK プレミアムドラマ「奇跡の人」のエンディングには峯田が弾き語りで演奏したバージョンが使用されているが、シングルにはバンドアレンジさせたものを収録。M2「円光」は、2005年にリリースした1stアルバム「DOOR」に収録されている「援助交際」のタイトルを変更した楽曲であり、2017年の今だからこそ表現できた仕上がりとなっている。ぜひ、2005年の同曲と聴き比べて、アレンジの変化を楽しんでいただきたい。また、今回のレコーディングには、銀杏BOYZのツアーでも演奏をしている岡山健二(classicus)がドラムで、加藤綾太(2)がギターで参加。ゲストミュージシャンとして前作「エンジェルベイビー」にも参加したUCARY VALENTINEがノイズを始めとしたプログラミングとコーラスで再び参加している。第一弾シングルと同様に今作品の初回生産盤も、7インチサイズの紙スリーブ仕様での発売となる。
「骨」MV

https://youtu.be/9axEhpMnBrAシングル「骨」
2017年8月30日発売

SKOOL-041E/¥1,200+税

※7インチ紙スリーブ仕様(初回生産盤)

※初回生産盤の在庫が終了次第、通常盤に切り替わります

<収録曲>

■CD

1.骨

2.円光
 (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。