体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

グランピングをイメージさせるカプセルホテルが秋葉原にオープン!

生活・趣味

秋葉原駅徒歩3分の好アクセス地に、スタイリッシュな中にも自然をモチーフにした安らぎある空間と最先端の設備のそろったカプセルホテル「GLANSIT AKIHABARA(グランジット アキハバラ)」がオープンします。

GLAMOROUS co.,ltd.が手掛ける空間デザイン

グランピングをイメージさせるカプセルホテルが秋葉原にオープン
GLANSITとは「グランピング」 × 「トランジット」。快適な設備のもと、優雅に自然を満喫できる贅沢なキャンプ「グランピング」と、目的地に行く途中で立ち寄ること、中継することの意味である「トランジット」を掛け合わせた造語なのだそう。

空間デザインは、国内外で活躍するデザイナー森田恭通氏が代表を務める「GLAMOROUS co.,ltd.」が担当。ウッド・グリーンがふんだんに使われ、訪れたゲストの緊張を和らげ安らぎをもたらすデザインになっているそう。またディテールにエッジの効いた銅箔を用いることで、都会的で洗練された雰囲気も感じることができます。

エントランスには、瑞々しい草木・花々を連想させる香りを漂わせリラックス感を演出。アースカラーを基調としたベッドエリアやラウンジにも随所に自然のマテリアルがちりばめられ、機能面だけでなく空間自体がホスピタリティーを重視したデザインとなっています。

パーソナルスペース「カプセルベッド」

グランピングをイメージさせるカプセルホテルが秋葉原にオープン
東京西川と共同開発したオリジナルマットレスを完備。快適な睡眠を追及し、「体圧分散」「寝姿勢保持」の機能を高めることで、極上の眠りへ導きます。またプレミアムシートとして、半個室タイプのお部屋のご用意も。デスク付きの為、パソコン作業もでき、快適に過ごせそう。

グランピングをイメージさせるカプセルホテルが秋葉原にオープン

インターネットカフェ運営のノウハウを生かした「フリーラウンジ」

グランピングをイメージさせるカプセルホテルが秋葉原にオープン
GLANSIT AKIHABARAでは24時間利用可能な男女別フリーラウンジをご用意。高速WI-FI、新聞、雑誌、書籍、ドリンクサーバーも。デスクワークや、休憩、グループでの会話などカフェ施設としても楽しめます。

フレキシブルな滞在プランで時間管理を最適化

GLANSIT AKIHABARAではゲストが利用シーンに合わせ、滞在時間をフレキシブルに選べるプランがあります。[宿泊プラン]はチェックイン・チェックアウト、滞在時間を17H、21H、22H、26Hから選択でき、休憩、仮眠、シャワーなど短時間利用に最適な[休憩プラン]は1H、3H、5H、8Hから選択可能。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会