体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『magic number』にあふれるKICK THE CAN CREWの ヒップホップ・アーティストとしての使命感と矜持

KICK THE CAN CREWがニューアルバム『KICK!』を8月30日にリリースする。そして、9月7日には日本武道館にて『KICK THE CAN CREW 「復活祭」』を開催し、年末には約13年ぶりとなる全国ツアー『KICK THE CAN CREW CONCERT TOUR 2017』が決定…と、ついに本格復活を果たす。2000年代前半に日本のヒップホップシーンをけん引し、現在に至るシーンの隆盛に大きな役割を担ったグループである。活動休止以後、その10数年間のソロ活動において各人が蓄えてきたアーティストパワーがどう収斂されるのかに注目が集まるところだが、本コラムでは予習を兼ねて、彼らの過去作にスポットを当て、そのアーティスト性を紐解いてみようと思う。
『これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!』 (okmusic UP's)
グループ史上最高最大のヒット作

KICK THE CAN CREW(以下KTCC)、14年振りのニューアルバム『KICK!』がいよいよ来週8月30日にリリースされる。2004年の活動休止後、各々が他のメンバーのライブステージに現れて3ショットを披露したり、テレビで共演を果たしたり、何よりも2014年8月、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014』にて、すでにKTCC名義で活動を再開させていた彼らだが、今回は結成20周年という節目の年の新譜発売とあって、ファンの想いもまた格別のようだ。7月に先行配信されたシングル「千%」のリリックを指して、以下のように過去のKTCC楽曲との関連を示すまとめサイトも見かけた。

《安定とかも関係なしに (カンカラ)宙に蹴飛ばす》(=『カンケリ01』)。

《(半端なく)最高な(アンバランス)》(=『アンバランス』)。

《『一生懸命を恥ずかしがるな』》(=『LIFELINE』)。

《『ライツ、カメラ、アクションで棒立ち』》(=『sayonara sayonara』)。

《いつもONEWAY『YEAH』ありのままの姿見せる為 今日も足伸ばすまた》(=『ONEWAY』)。

コアなファンならずとも、リアルタイムでKTCCを聴いていたリスナーなら指摘されずともいくつかは元ネタは分かりそうなものであるが、考えてみれば、彼らが活動休止してから14年も経っている。KTCCのデビュー当時を知らないリスナーが増えていても何ら不思議ではない。もしかすると、10代のリスナーの中には「KTCC? 何それ?」と思っている人がいるかもしれない。よって、上記のような元ネタ紹介は重要であり、需要はあるのだろう。
というわけで、今回の当コラムでもKTCCの名盤紹介、そして、そこからこのグループの本質を掘り下げてみたいと思ったわけだが──。ネット上で無邪気に「KTCCってKREVAがいたグループだったんだねぇ(´・ω・`)」とか書き込んでいる若きリスナーほどではないものの、正直に言えばヒップホップに関して筆者はかなり半可通なことに加え、リアルタイムで熱心にKTCCを聴いていたわけでないので、まずどの作品を紹介しようか迷った。いや、迷う以前にどれにしていいかまったく分からなかったことを白状する。インディーズでの『YOUNG KING』、メジャー第一弾で彼らの出世作と言える「マルシェ」が収録された『VITALIZER』、活動休止前に発表された『GOOD MUSIC』等があるわけだが、この度の新作『KICK!』とのジャケ写の類似性で『magic number』に決めた。それ以外の他意はないし、『KICK!』の内容との関連性も分からない。ジャケ写の類似性以外でわかっていることは、収録時間67分19秒で、現状ではKTCCのアルバムでチャート最高位を記録している上、売上枚数も最高であるということである。筆者が『magic number』の中身に関しては、ほぼまっさらに近い状態で聴いたことをご理解いただいた上で、以下のコラムをご笑納いただければ幸いである。
ループミュージックにこだわったトラック

先に結論から述べると、『magic number』からはKTCCのヒップホップ・アーティストとしての使命感のようなものを感じたのだが、実際のところ、どうなのだろうか? このアルバム、M1「登場」で幕を開け、M15「magic number」でフィナーレとなるが、それぞれのリリックはこうだ。
《じゃあ教えてやるぜ知らないこと/Put your hands up手を高いとこ/Crap your handsなら手をたたいとこう/騒げもちろん騒いでおこう/すべて騒ぎどこeverybody say》(M1「登場」)。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。