ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【#熱血怒涛真夏の8days】アイドル界の松岡修造!星乃ちろるが8日間連続イベント開催!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ちろる1
この夏、星乃ちろるが活動8周年を記念し行った「熱血怒涛真夏の8days」。初日から7日目までは、彼女と親交の深いソロアイドルたち(2日目のみ本人も含め、バンド陣)が出演。星乃ちろる自身も、浴衣や恐竜柄の衣装,ロックなモードなど連日衣装を変えながら登場。イベントのホスト役として、みずからフロアーで盛り上げれば、連日、訪れた人たちに特製の団扇をプレゼントしていた心配りもファンには嬉しかったこと。8日目となる最終日は、渋谷スターラウンジを舞台にワンマン公演「熱血怒涛真夏の8days -DAY8-~ファイナルワンマン 大丈夫、君は1人じゃない~」を行った。
ちろる2
ライブは9月12日に発売する最新シングル『ももいろファンタジー』からスタート。冒頭から星乃ちろるは、場内へ真夏の太陽の光に負けない熱狂を注ぎだした。フロアーには絶叫と一緒に大きく揺れるピンクのサイリウムの花が咲き誇っていた。「あなたにメロメロなの」の歌詞通り、最初からSTARS(観客たち)が舞台上へ熱い想いをぶつければ、星乃ちろる自身も照れた笑みを浮かべながら、頭から場内へ生まれた一体感を楽しんでいた。
20170820 (237)
お馴染み「こんちろりー!」の挨拶。この日は8daysのファイナル公演であり、「ファンタジーtour 2017」の初日。朝10時スタートとはいえ、気合いは十分だ!!星乃ちろるが呼びかけた「笑って」「歌って」「騒ぎ倒して」の声、パワフルに弾け飛んだ『GO!』に合わせ、全力で騒ぐSTARS。まだライブは始まったばかりなのに、早くも中へはライブの終盤に生まれる一体化した熱狂が描きだされていた。熱い手拍子と声援、飛び跳ねたときの振動、この高揚感が、たまらない。「オイ!オイ!!」と野太い声援に乗せ、星乃ちろるは気持ちを開放するように『カラフルdays』を歌唱、場内へ彩り明るい光を注ぎだした。大きく手を振り跳ね続けるSTARSの無邪気な笑顔も、満面の笑顔で歌う星乃ちろると同じように輝いていた。 
20170820 (153)
『アナザーワールド』では、星乃ちろるの「走りまーす」の言葉を合図にフロアーへ大きなサークルモッシュが誕生。大勢の人たちが黄色いサイリウムを振り、笑顔でくるくるまわり続けていた。「叫ぶよー」の合図に合わせ一斉に叫んだりと、まるで星乃ちろる主催の運動会へ参加し競技へ一緒に興じてゆくよう。ともに熱狂を作り上げる、そのライブスタイルこそが”ちろる流”。
「一番の声を聞かせてください」の言葉と『虹のむこうへ』の演奏を合図に、フロアー中から絶叫と熱い手拍子が飛び交った。
星乃ちろるも、隠してたお腹を覗かせるほど身体を大きくねじらせ、空を突き抜ける勢いでパワフルな歌声をぶつけてゆく。その歌声とステージングに、彼女の中へ潜むロックな魂を感じていた。「今回は8周年を記念したdaysとして行ったのですが…」と語りつつ、10代の頃に秋葉原で2年間メイドのアルバイトをしながら歌の活動を始めたことなど、ここでは思い出話を語っていた。
20170820 (186)
この日歌ったのは、すべて星乃ちろるが作詞をした楽曲たち。「ここからは一緒に踊りたいと思います」の言葉に続き、キラキラとしたディスコティックなダンスロック『NON STOP』を歌唱。軽快にステップを踏みながら、ダイナミックなダンスパフォーマンスを魅せていた。サビては、場内にタオルやサイリウムの光が大きく揺れる風景も。感情を熱く掻き立てる歌に刺激を受け、大勢の人たちが絶叫と一緒に踊りへ興じてゆく。
光へ向かって飛び跳ねんばかりの勢いで、とても華やかなポップ&トランシーなダンスナンバー『Under the sun』が飛び出した。彼女の振りに合わせ一緒に踊らずにいれない。昂る想いを絶叫へ変えずに、心のワクワクを抑えきれない。中盤には、星乃ちろるの動きに合わせ、STARSがスクワットしてゆく風景も登場。一緒に歌い踊ってこそ一体化したステージが生まれる。一つになった熱狂の風景もまた素敵じゃない。
20170820 (213)
ここからは、愛しい王子様(憧れの人)へ向けたラブソングを集めたブロックへ。しっとりとした演奏に乗せ、胸に秘めた想いをひと言ひと言噛みしめるように『星王子』を歌いだした。胸にジンと染みる素直な恋心に、心がグッと傾いてゆく。これは、星乃ちろるから愛しい人(STARS)への告白!?その気持ちを、誰もがじっと胸で受け止めていた。
可愛く弾む演奏へ飛び乗り、想いを爆発させるように『どきどき☆リズム』を歌いだした。キラキラと輝く演奏に乗せ、片思いの恋心を、気になる人と出会ったときのドキドキとした気持ちを、心の中のときめきとして星乃ちろるは歌いかけてゆく。その告白へ、熱い応援のエールを返すSTARS。信じた人の想いを応援し支えあう、その関係性が素敵じゃない。
ちょっぴりロマンチックなムードも抱きながら届けたのは、恋した人へ向け、キュンと胸の高鳴る乙女心を告白するように歌った『初恋音女』。星乃ちろるは恋する乙女の強い想いを歌いかけてきた。胸をキュンと疼かせるピュアな恋心を告るように語られたら、見てるこちらまでドキドキせずにいれなかった。
20170820 (223)
「声出してー!!」の声と『片想いSIGNAL』の演奏を合図に、場内へはふたたび熱い風景が誕生。「ちろるー!!」と叫びながら飛び跳ねるSTARSの姿に、星乃ちろるへ向けた強い愛情を実感。この歌は、STARSの星乃ちろるへ向けたラブソング!?中盤に起きたSTARSのエールへジッと耳を傾ける場面も。気持ちと気持ちを一つに熱狂で繋がりあうからこそ、星乃ちろるの口から思わず「大好きだよー」という言葉も飛びだしたのだろう。
「私の名前呼んで」「ちろるー!!」など、『心の音、心ノート』を通し、会場中を包み込んだ、互いに求めあう熱い想い。何より、天真爛漫な彼女の姿がとても眩しかった。輝くその光をつかみたくて、必死に心の手を伸ばしていたかった。
20170820 (345)
「この曲は8周年を過ごしたみんなへ向けて書いた手紙のような歌です」と語り、披露したのが、『無限エイト』。一緒に飛び跳ね、熱いエールをぶつけてゆくに相応しい、熱狂のレシピをいろいろと詰め込んだ弾けたポップチューン。飛び跳ね歌う星乃ちろるに合わせ、ともにジャンプしてゆくSTARS。「時を重ねていこう 今までもこの先も無限 何かがまた始まる」、これからも一緒に思い出と歩みを積み重ね毎日を過ごし続けようと星乃ちろるは誘いをかけてきた。「たとえ未来険しくても 信じ合っていこう」の言葉が、彼女と「ずっと一緒にいこう」「この時間がずっとずっと続きますように」という約束に聞こえていた。
20170820 (127)
「音楽を始めたばかりのときは、こうやってワンマンを何回も開催したり、8年目を迎えるなんて想像もしていなかったです。この曲は、明るい未来を迎えたいと想像しながらも出来ていなかった頃に書きました」。
躍動するダンスビートの上で、必死に未来や光をつかもうともがいていた日々の想いを、「負けないよ 私らしさを失くさず」という力に変えながら、星乃ちろるは『my way』を歌いだした。たとえ落ち込むことがあっても、見つけた夢を叶えるまでは絶対に逃げない想いをSTARSを前に誓うように、彼女は『my way』を歌いかけてきた。
20170820 (369)
胸に秘めた温かない気持ちを解き放つように、星乃ちろるは軽やかに『晴れのち、ハレ』を熱唱。フロアー中に咲いた満面の笑顔の花。それ以上に、舞台上の星乃ちろる自身が、太陽に向かって真っ直ぐな顔を向けるヒマワリのよう大きな笑顔の花を咲かせていた。
「いくぞー!!」、気持ちを熱く昂らせる演奏が飛び出した。「ドキドキをバネにしたら」「ワクワクが集まったら」と、心の中へいっぱい沸き上がった冒険心をSTARSと一緒に分かち合い、共にはしゃごうと、彼女は『Step Up!!』を歌いだした。舞台上でステップを踏みながら、STARSと一緒にこの瞬間を過ごしてゆくことを星乃ちろる自身が思いきり楽しんでいた。全力で声を上げるファンたちの歌声に、嬉しい興奮と感動を覚えていた。
20170820 (272)
「何時も何時も支えてくれるSTARSへ向けて」。本編最後に、星乃ちろるを支え続けるSTARSへ向けた想いを詰め込んだ『to Stars』をプレゼント。互いの繋がりたい想いをジョイントするのは、やはり、一緒に未来を見つけようとする気持ち。彼女のポジティブな生き方とシンクロした人たちが、ここには集っている。互いに心の絆を確かめるよう星乃ちろるも、STARSも、共に「輝き続けよう」と誓いを交わしあっていた。
20170820 (366)
アンコールは、星乃ちろるのトークから。「8年間いろんなことがあったけど、アイドルを辞めたいと思ったことは一度もありません。どうやって音楽を続けられるかを、いつもいつも考えています。それは歌を聞いてくれるみんながいるからです」
「この曲もCDにするからね」、の言葉に続き、8年間の想いをレシピにたとえて表現した『無限エイト』をふたたび披露。フロアー中に咲いた大きく揺れる黄色いサイリウムの花に向け、星乃ちろるは熱い想いを真っ直ぐに届けてきた。ここに生まれた最高の景色を全力で受け止めるよう、共に熱狂を身体に刻もうと熱く熱く歌いかけていた。
20170820 (490)
ここで、1月7日に渋谷VUENOSで生誕ライブを主催/ワンマン2公演行うことを発表。最後に歌ったのが、『ひまわりSMILE』。STARSと過ごした毎日を心で噛みしめるように。何より、最後の最後まで星乃ちろるらしく進もうと、心で嬉し涙を流しながらも、エナジーみなぎる力強い歌声で彼女は会場中へ熱狂と笑顔の花を咲かせ続けていた。
止まない熱狂の声を受け、最後の最後に星乃ちろるは『ももいろファンタジー』を歌い、STARSと一緒にこの熱狂を忘れないように胸へ、身体に刻んでいった。熱狂に心が火照り続けていたせいか、すっかり星乃ちろるにメロメロだ。笑顔に満ちたこのハッピーな空間、これからもずっとずっと大切に育み続けていきたい。
20170820 (538)
これからは、9月12日に発売する最新シングル『ももいろファンタジー』へ向けてのリリースイベントやライブ。そして全国ツアー「ファンタジーTOUR 2017」へ向けた展開へ突入していく。まだ星乃ちろると出会ってない方、これから彼女と出会い、一緒に笑顔を分かち合わないか!?
20170820 (530)
≪「星乃ちろる」情報≫公式ホームページ:http://hoshinochiroru.wixsite.com/chiroru公式ブログ:https://ameblo.jp/chiroru-hoshino/公式ツイッター:@chiroru_h公式LINE:@KPD4135E

【Nicheee!編集部のイチオシ】

・Hカップグラドル・村川杏寿の街角「トイレ」コレクション!#20~文房具カフェ(表参道)のトイレ~
・レースクイーン・ゆんちの食レポ日記!ニューヨーク発のデザートカフェ「Serendipity3」で絶品スイーツ食べてきた!
・VRで美少女と花火デートができる!今夏注目のアニメ映画とロッテ「爽」がコラボアプリ公開

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。