ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

DAOKOがこの夏一番聴いた高校生バンド

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

DAOKOがこの夏一番聴いた高校生バンド
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。8月22日(火)のオンエアでは、DAOKOとのコンビでお送りしました!

21日の週は「SONAR@夏の余韻スペシャル」と題して、ミュージシャンや音楽の現場で働く人たちから、信頼度の高い「この夏の余韻ソング」を毎日紹介しています!

まずは今年の夏のことを語ったらキリがない! というDAOKOが、この夏一番聴いた曲を紹介しました。今年は数々の夏フェスに出演し、小説家デビュー、映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の主題歌も担当しました。そんな忙しい中、一番よく聴いたということでセレクトしたのは、ニトロデイの「青年ナイフ」。

「いま一番、私が注目している現役高校生バンドがいて、ライブが観たくて横浜まで行ってきたんですけど。何だろうな、胸が“ギュン”ってするんですよ。凝縮された青さがあの頃の夏を思い出すんです」とDAOKO。多忙なDAOKOをライブに足を運ばせる注目バンド! ぜひチェックしてみてください!

さて、この日のゲストのおすすめナンバーをご紹介しましょう。

■「雨のパレード」福永浩平さん
今年の夏はメンバー全員で、「FUJI ROCK FESTIVAL 2017」に3日間通しで遊びに行ったのが一番の思い出という福永さん。「その3日間の中でめちゃくちゃ良かったのはRhyeでしたね」(福永さん)

Rhyeはアメリカ・ロサンゼルスを拠点とするデュオなのですが、福永さんは“ライブはそんなに良くない”との噂を聞いていたそう。しかし「僕はすげえいいなと思いました。最近シングルを出してたんですけど、その曲を演ってくれてめちゃくちゃ感動しました」と話されました。

やっぱり音楽は周りがどんな評価をしていようと、自分で生で感じることが大切ですね! ということで番組では、Rhyeのフジロックでのライブ音源から「Please」をお送りしました!

この他、この日は「SUMMER SONIC 2017」に出演したPhoenixのスペシャルインタビューもお届け! フランスだけでなく、世界中のアーティストに影響を与えているバンドですが、今回はボーカルのトーマス・マーズさん、ギターのクリスチャン・マザライさんが、最新アルバム「Ti Amo」について語ってくれました!

さて、23日(水)、24日(木)の「SONAR MUSIC」にはKASABIAN、DUA LIPAも登場するので、お聴き逃しなく!

■今回のオンエア曲
Liam Gallagher「Wall Of Glass」(ライブ音源)
ニトロデイ「青年ナイフ」
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「花火」
J Dee’Z「Melody」
MONO NO AWARE「イワンコッチャナイ」
04 Limited Sazabys「Squall」
Lorde「Tennis Court」
雨のパレード「Shoes」
Rhye「Please」(ライブ音源)
Phoenix「Ti Amo」
RADWIMPS「おしゃかしゃま」
DAOKO×米津玄師「打上花火」

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 23時30分−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。