体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【嫁さん評価★5】ちょっと焼くのがコツ。3分おつまみ「オイルサーディン冷奴」

f:id:kamekichipapa:20170816125354j:plain

嫁さん評価 ★★★★★

「豆腐の上にオイルサーディンがのってるのって、新鮮な風景だわね。和風なようでそうでないようで……、でも不思議とおいしいのはなぜ?」

娘評価 ★☆☆☆☆

「オイルサーディンって缶詰やんねぇ。缶詰やったらツナ缶かさんまの蒲焼がいいなぁ」

毎日、暑すぎておつまみは冷奴ばっかり……。でも、豆腐は何をかけても何をのせてもおいしいから、全然飽きないんやけどね。これもそんなアレンジ冷奴のひとつ。調理学校時代に、スペイン料理の先生にポロッと教えてもらったオイルサーディンのレシピが参考になってるんですわ。

f:id:kamekichipapa:20170816125643j:plain

先生のはスペイン風の味付けやったと思うんですが、料理は絶えず変化せなあかん、ということでかめきち流に和風にアレンジ。沖縄料理のスクガラス豆腐みたいな感じやね。ちょっと小粒なオイルサーディンを冷奴の上にのせて、フライドガーリック、青ネギ、醤油にオリーブオイルで完璧! オリーブオイルと醤油の相性も間違いなし。 おつまみに、ごはんのおかずに、サラダ感覚で食べてほしい一品!

かめきちパパの「オイルサーディン冷奴」

【材料】(2人分)

絹ごし豆腐 1丁(300~400g) オイルサーディン 1缶(10尾くらい) 青ネギ 1本 フライドガーリック(市販) 大さじ2 醤油 大さじ4 オリーブオイル 大さじ2

作り方

f:id:kamekichipapa:20170816125432j:plain

1. 豆腐は一度熱湯で30秒ほどゆでてから氷水に落としてよく冷やします。こうすると豆腐の余計な水分が出て味が締まるんです。

2. 青ネギは小口に切って、フライドガーリックは粗くつぶします。

※フライドガーリックはスーパーなんかでも売っています。焼き飯やラーメンなんかに入れてもおいしい!

f:id:kamekichipapa:20170816125437j:plain

3. オイルサーディンはフライパンで少し焼き色がつくまで強火で焼きます。弱火で焼くと身が崩れやすくなるので要注意。

f:id:kamekichipapa:20170816125419j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。