体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新名所!琵琶湖絶景カフェ「びわ湖テラス」はもう行った?【滋賀】

新名所!琵琶湖絶景カフェ「びわ湖テラス」はもう行った?【滋賀】 びわ湖テラス

琵琶湖を一望する絶景スポットとして人気を集める「びわ湖テラス」。

去年2016年7月にオープンし既に多くの人が訪れる琵琶湖の新名所です。

びわ湖バレイのロープウェイに乗り標高1100mの山頂にあるカフェへ。

水盤が張り巡らされたウッドデッキに、欧風リゾートを思わせるソファやテーブルを配置。

そのラグジュアリーな雰囲気に、気分もあがります。

大パノラマの山頂カフェは湖をまるっと見渡せ、まさに別天地!

今回はそんなびわ湖テラスと一緒に琵琶湖周辺の観光スポットをご案内します♪

記事配信:じゃらんニュース

びわ湖テラス【滋賀県大津市】

大パノラマの山頂カフェは湖をまるっと見渡す別天地。

びわ湖テラス

天気のいい日にはテラスから伊吹山や白山が遠望できます

2016年7月にオープンし、琵琶湖を一望する絶景スポットとして人気を集める「びわ湖テラス」。

びわ湖バレイのロープウェイに約5分乗ると、標高1100mの山頂にあるカフェに辿り着きます。

水盤が張り巡らされたウッドデッキに、欧風リゾートを思わせるソファやテーブルを配置。

空、水盤、湖がひと続きに見える演出がなんともステキ。

ここでは地元牧場の牛乳を使ったジェラートやフルーツジュースを楽しみながら、テラスで絶景を満喫できます。

リフトを乗り継いだ先にある蓬莱山山頂にも、8月にカフェが誕生予定ということで楽しみですね!コーディアル フルーツとハーブを使ったコーディアル600円は全2種ジェラート(シングル) ジェラート(シングル)各450円~。近江和紅茶が一番人気テラスサンド~本日のサンドイッチ~

テラスサンド~本日のサンドイッチ~。挟み込む食材は日替わり

ビューアドバイス

ウッドデッキは3段構造。

空と水盤、湖が一体化して見える写真を撮るなら最上段のテラスがおすすめです。

比較的空いていて席が選びやすい10時30分までに訪れると良いですよ。

お出かけ前にチェック

現地には直接車で行けないので、びわ湖バレイロープウェイ山麓駅を目指して行くのがベター。

週末はロープウェイも混み合うため時間に余裕を持って訪れましょう。 びわ湖テラス

TEL/077-592-1155

住所/大津市木戸1547-1

営業時間/9時40分~16時(土日祝・夏休み期間は9時10分~)※ロープウェイは10分前から運行

定休日/なし(4・6・12月に定期休あり)

料金/ロープウェイ往復大人2200円、小学生900円、幼児500円

アクセス/名神京都東ICより乗り場まで40分、ロープウェイに乗り換え山頂まで5分、東名阪道名古屋西ICより2時間10分

駐車場/1700台(500円)

「びわ湖テラス」の詳細はこちら

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。