体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】星野源「Family Song」が3冠で総合首位獲得、DAOKO×米津玄師「打上花火」はダウンロード&ストリーミング&動画再生で1位に

エンタメ
【ビルボード】星野源「Family Song」が3冠で総合首位獲得、DAOKO×米津玄師「打上花火」はダウンロード&ストリーミング&動画再生で1位に

 星野源「Family Song」が、193,599枚を売り上げてのシングル・セールス1位、ラジオ1位、ルックアップ1位、Twitter4位、動画再生10位の計3冠で、今週の“JAPAN HOT100”総合首位を獲得した。

 “HOT100”には当曲のほか、「恋」が総合15位、「肌」が18位にランク・インしていて、ダウンロードでは「Family Song」が2位、「恋」が30位、「肌」が5位と、通算49週のランク・インとなっている「恋」に続く新曲でも、変わらぬ訴求力を裏打ちする快進撃を続けている。次週以降は、「恋」のロング・ヒットを牽引する要因となった、動画再生からダウンロードに影響するような展開が起きるかが焦点となるだろう。

 DAOKO×米津玄師「打上花火」が前週に引き続きダウンロード1位、そしてストリーミング、動画再生でも1位となり、ラジオ2位とシングル11位のポイントも後押しとなって、前週の総合3位から2位に順位を上げている。特に動画再生では480万回超をマーク、長らく1位を守っていたTWICE「TT」に200万回の大差を付けて1位を奪取する結果となっている。

◎【JAPAN HOT100】トップ20
1位「Family Song」星野源
2位「打上花火」DAOKO×米津玄師
3位「嗚呼、夢神輿」祭nine.
4位「逃げ水」乃木坂46
5位「僕たちがやりました」DISH//
6位「himawari」Mr.Children
7位「英雄 運命の詩」EGOIST
8位「シェイプ・オブ・ユー」エド・シーラン
9位「RAIN」SEKAI NO OWARI
10位「TT」TWICE
11位「10% roll, 10% romance」UNISON SQUARE GARDEN
12位「ピースサイン」米津玄師
13位「オアシスと果樹園」桑田佳祐
14位「不協和音」欅坂46
15位「恋」星野源
16位「Forevermore」宇多田ヒカル
17位「HANABI」Mr.Children
18位「肌」星野源
19位「ずっと、ふたりで」家入レオ
20位「かなしいうれしい」フレデリック

関連記事リンク(外部サイト)

8月21日付 Billboard Japan HOT 100
【ビルボード】星野源『Family Song』193,599枚を売り上げシングル・セールス首位
星野源、10thシングル『Family Song』が本日発売、今週からMステ他音楽番組でも新曲披露

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会