体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

埼玉のおすすめ観光スポット16選

埼玉県は荒川と利根川の上流域に広がっているため、昔から水害とともに水の恵みも多いところでした。数々の絶景も川の存在なくしては語れないところです。

景観を大切にしながら、水と暮らしてきた人々を思う景色をご紹介します。

*編集部追記
2015年10月に公開した記事に新たに4選加筆しました。(2017/8/23)
2015年10月時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

埼玉に行ってみての感想

photo by shutterstock

私が埼玉を訪れたのは秋で、非常に心地よい気候でした。埼玉についてはあまり具体的なイメージはなかったのですが、実際に行ってみると、近代美術館や首都圏外郭放水路など興味深い観光スポットも多く、自然も豊かで来てよかったなぁと感じました。

埼玉は有名なパワースポットなどもあり、観光するにはぴったりの場所だと思います。人も優しく、おいしいごはんもたくさんあり、しかも都心からアクセスも良し!今度の旅行はどこに行こうかと迷っている方は、ぜひとも埼玉を訪れてみることをおすすめします。

 

ベストスポット

yamassyさん(@yamassy)がシェアした投稿 – 2017 3月 3 8:32午後 PST

私がおすすめするのは、奥秩父の冬の名勝と言われる「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」です。岩清水が凍ることによって作り上げられる氷の芸術は、見る者を圧倒します。

寒さが厳しくなっていくと、徐々にその姿を現していく三十槌の氷柱。岩肌からの湧水により創り上げられる、大規模な氷のオブジェです。「大滝氷まつり」の期間中は、夜間にライトアップされ、幻想的な光景を織りなします。

アクセスは、自動車で来る場合、秩父市の街中から140号線沿いに大滝地区へ向かってきてください。「道の駅大滝温泉」を超えて、少し走ったところに三十槌の氷柱があります。

 

長瀞渓谷

Nagatoro_Keikoku_01

photo by あばさー

1024px-Nagatorokeikoku2

photo by hiyang.on.flickr

長瀞渓谷(ながとろけいこく)は、荒川上流部に約6kmにわたって続く渓谷で国の名勝・天然記念物に指定されています。荒々しい岩肌は、鉄分が染み出して酸化し赤くなっている「秩父赤壁」や表面の模様が虎のようだというので「虎岩」と名付けられたものなどがあります。

また、変成岩帯が地表に露出してまるで畳を敷き詰めたような「岩畳」や「長瀞町井戸」と呼ばれるポットホールなど見どころの多い渓谷です。長瀞ライン下りや船下りで絶景を巡るのが一般的ですが、カヌー・カヤック・ラフティングなど様々な楽しみ方ができます
■詳細情報
・名称:長瀞渓谷
・住所:埼玉県秩父郡長瀞町
・アクセス:秩父鉄道長瀞駅下車
・営業時間:各種受付は9時から
・電話番号:0494-66-0307(長瀞町観光案内所)、
・料金:船に乗る場合は乗船代大人3,000円
・所要時間:船で下る場合は60分
・公式サイトURL:http://www.nagatoro.gr.jp/

 

武蔵嵐山

13243844243_c536624c38_b
1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。