体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

忍者の巻物みたいにくるくる巻いて持ち歩けるキーボード「COMPECTUS」

AppleがiOS 11をこの秋にリリースすると発表したことで、いよいよ新たなiPhoneが発表・発売されるのではと噂され、iPhoneやその周辺機器への関心が急激に加速している。

なかでも面白い周辺機器として注目したいのが、今回紹介するスピーカー付きBluetoothキーボード「COMPECTUS(コンペクタス)」だ。

モバイルデバイスで文字を打つ際に便利なBluetoothキーボードだが、両手でスムーズにタイピングしたい場合はある程度の大きさが必要だ。しかしタブレットなど大きなデバイスと一緒に持ち歩くとなると、どうしてもカバンの中でかさばってしまう。

そこでこの「COMPECTUS」。蛇腹状になったキーボード部分を巻物のようにくるくる巻くという画期的な収納方法で、本格的なBluetoothキーボードを手軽に持ち歩くことができるのだ。フルサイズ、というわけにはいかないが、写真のように、ムリのないポジションでキーボードを打つことができる。

巻物の芯は本格サウンドを楽しめる筒状のスピーカー

このBluetoothキーボードのすごいところは、収納機能だけではない。巻物の芯となる部分が本格的なBluetoothスピーカーになっているのだ。

筒部分の両端に2つのスピーカーを搭載しているほか、前面左右にもベース音用スピーカーを2つ搭載。モバイルデバイスの本体に搭載されているスピーカーはサイズも小さいが、計4つのスピーカーを付けることで動画や音楽を本格サウンドで楽しめる。

さらに、この筒状スピーカーとキーボード部分は切り離して使うことができる。筒状スピーカーのスタンド部分にモバイルデバイスを立てかけ、キーボード部分を切り離して使えば、デスクトップPCさながらの操作感も味わえるだろう。

現在はクラウドファンディングサイトにて先行注文受付中

COMPECTUSは、現在クラウドファンディングサイト「Indiegogo」にて先行注文することができ、発送は11月予定とのこと(受付期限は9月4日まで)。本体価格は125ドル(約14,000円)から購入可能。(※2017年8月時点のレートで換算)

サイズはキーボード部分が270mm×109mm、筒状のスピーカー部分が290mm×36mmで、重さは310グラム。OSはWindows、iOS、Androidに対応し、本体バッテリーは1回の充電で7〜8時間の連続使用もできる。

コンパクトに巻いて持ち運べるBluetoothキーボードという便利さだけでなく、本格サウンドが楽しめるスピーカーにもなるというCOMPECTUS。忍者が出てくる時代劇やアニメで巻物といえば必須の小物だが、外出先の作業が捗る現代人にとっては、この“巻物キーボード”が必須アイテムになるだろう。

関連記事リンク(外部サイト)

お盆の渋滞に! おすすめカーナビアプリと居眠り防止グッズ
文字入力にキーボードは必要なし! 指にはめればどこでもキーボードになるデバイス開発中
スマホを40回充電可能! アウトドア向け最強モバイルバッテリー4選

TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。