体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インド独立運動の志士が伝えた「純印度式カリー」 中村屋から90周年記念の「プレミアムインドカリー」登場

エンタメ
インド独立運動の志士が伝えた「純印度式カリー」 中村屋から90周年記念の「プレミアムインドカリー」登場

インド独立運動の志士、ラス・ビハリ・ボースによって伝えられた「純印度式カリー」でおなじみの中村屋。

日印友好交流年、および「純印度式カリー」発売90周年を記念して、「恋と革命のインドカリーの日」である6月12日(1927年に純印度式カリーを発売した日)から「カレーをありがとうキャンペーン」を開催中です。これは「日印友好交流年記念事業」として外務省から許可された取り組みとなっており、キャンペーン中の売り上げの一部は公益財団法人日印協会を通じて寄付され、両国の理解を深めていくためのイベントの開催などに活用されます。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

このキャンペーンでは、インドの人々に感謝の気持ちを届けるため、インドの首都デリー郊外の新興エリア・グルガオンに「ありがとう」と日本語で表記された巨大看板広告を掲示。このほか、キャンペーンサイトでは「#カレーダンニャバード」(「ダンニャバード」はインドの言葉で「ありがとう」の意味)と「#thankscurry」のハッシュタグをキーワードにした投稿画像を収集し、日本のカレーファンの「カレーを愛する姿」を伝えてきました。


また、「#カレーダンニャバード」と「#thankscurry」の投稿拡大を目指し、新宿中村屋や協賛店舗で、これらのハッシュタグをつけたカレー画像のSNS投稿画面を見せると、オリジナルカレーステッカーをプレゼント中です。キャンペーンの趣旨に賛同して喜ぶお客さんも多く、インスタグラムでは「#カレーダンニャバード」のハッシュタグがついた画像が1000件以上投稿されています。

このほか、中村屋の創業者・相馬愛蔵の出身地である長野県安曇野市では、共同開発メニューの「新宿中村屋 カレー共同開発 あづみの夏野菜カリー」が市内16(2017年7月15日現在)の飲食店で、2017年9月30日までの期間限定で提供中。こちらでもオリジナルステッカーがプレゼントされています。さらに日印友好交流年記念事業の一環として9月23日・24日に東京・代々木公園で開かれる「ナマステ・インディア2017」にも中村屋は出店予定です。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会