体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

覚えておくと便利!基本の結び方と使いやすい風呂敷バッグ2種類をご紹介♪

こんにちは!趣通信のしーまんです!

皆さん風呂敷は使いますか?風呂敷といえば、以前はお正月やお盆など、贈り物を親戚の家に持っていくときなどに包むのに使っていたようなイメージが強かったですが、最近では、とってもかわいい風呂敷やさまざまな包み方の本などが出版されたりと、若い方でも使えるようなものがとても増えてきましたね!

今回は、基本的な風呂敷の結び方と、わたしが多用している便利な風呂敷でできるバッグを2種類ご紹介します♪

 

風呂敷のいろいろ

わたしが持っている風呂敷の一部です。わたしは職業柄着物一式を持ち歩いたり、着物のときにエコバッグのように使えるようにバッグの中に忍ばせることが多いです。薄くてじゃまにならず、どんな大きさにも変化してくれるのが風呂敷の嬉しいところ。

thumb_DSC05957_1024

わたしが特に多用しているのは、サイズが約100cm×100cmほどの大判サイズ。この大きさを持っているど、ある程度の大きさのものを包むことができるのでおすすめですよ!

 

風呂敷の基本の結び方① ひとつ結び

まずは、基本のひとつ結びです。バッグを作るときには欠かせない結び方です。

thumb_DSC05994_1024 thumb_DSC05995_1024 thumb_DSC05996_1024 thumb_DSC05997_1024

風呂敷の基本の結び方② 真結び

この結び方を覚えておくと、解くとき魔法のように解けていきます。風呂敷バッグは使えば使うほど結び目が詰まってきますが、きつく締まってもこの結び方がしてあれば簡単に解けますよ♪

thumb_DSC05979_1024thumb_DSC05980_1024 thumb_DSC05981_1024 thumb_DSC05982_1024
1 2 3次のページ
趣通信の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。