体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヘルシー・スイーツの総本山シャトレーゼが放つシールド乳酸菌入り『乳酸菌デザートアイスボール』!

生活・趣味

シャトレーゼと言えば、糖質制限ダイエットが大ブームになる前から糖質オフのスイーツを世に送り出してきたヘルシー・スイーツの総本山的メーカー。今度は免疫細胞を活発にすることで話題を呼んでいるシールド乳酸菌の入ったヘルシーアイス菓子『乳酸菌デザートアイスボール』を市場に投入した!

とかく話題になる現代っ子の免疫力低下。それに対抗するためのとっても冷たくて美味しい防止法!

 

株式会社シャトレーゼ(山梨県甲府市)の『乳酸菌デザートアイスボール』(10ml×20個入・希望小売価格 税抜237円・2017年7月13日発売)は、そのまま食べると美味しいヨーグルト味の台形ボールタイプの一口ラクトアイス。しかしそこには頼りになる乳酸菌が入っている。

近年の子どもたちは免疫力が低下しているとはよく報じられる。実際に昔は存在しなかった花粉症にかかる子どもたちも増えているし、食中毒などにもかかりやすくなっている傾向は確かにあるようだ。

その時ポイントとなってくるのは免疫力。人間というものはバイ菌、ウィルスに触れたらすぐ病気になるわけではない。本来ある程度の菌やウィルスは体内で免疫細胞によって無毒化されることになっている。それが免疫力なのだが、体質的に弱かったりすると悪い菌やウィルスを退治することができず、病気となってしまう。これが免疫力。

もちろん遺伝などの持って生まれた要素も大きいのだが、近年では研究によって免疫力には腸内細菌が絡んでいることが明らかになってきた。つまり腸内細菌環境が優秀なら免疫力が高いということだ。

そうして注目を集めているのが、乳酸菌。中でもシールド乳酸菌は森永乳業が2007年に発見した乳酸菌で、「M-1」の名前でヨーグルト中心にいろいろな食材に添加されている人気者。その最大の特徴は免疫力の増強。普段から風邪を引きやすい子どもたちを中心に、日々摂取することによって、体が本来持っている抵抗力を養えると言われている。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会