ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「アラブのビョーク」も絶賛した音楽フェス

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「アラブのビョーク」も絶賛した音楽フェス
J-WAVEで放送中の番組「SUNDAY SESSIONS」。この番組は、月替わりの特集型プログラムとなっており、日曜日の夜にじっくり聴きたい内容をお送りしています。8月は、今年5月にトルコのカッパドキアで行われた神秘のフェス「カッパドックス(Cappadox)」の模様を、サラーム海上のナビゲートでお送りしています。

カッパドックスとは、トルコにある世界遺産カッパドキアを舞台に、音楽、コンテンポラリーアート、グルメ、ヨガ、ネイチャーウォークなど五感で楽しむ総合フェスティバル。3週目となった8月20日(日)のオンエアでは、カッパドックスに今年初めて参加したレバノン人女性歌手、ヤスミン・ハムダンさんの音源とインタビューを中心にお届けしました。

最新アルバム「アル・ジャミラ 〜美しきもの」をリリースし、ツアーを行っているハムダンさん。「バンドを連れてまわっているから、毎晩がロックンロール・サーカス」だそう。ニューヨークで3月にスタートしたツアーは、テネシーでのフェス出演、ブダペスト、パリ、ベルリン、ブリュッセル、ロンドン、イスタンブールなど世界中をまわり、モロッコでは世界宗教音楽祭で地元のスーフィーの音楽やエジプトの田舎の音楽を聴いて感動したことなども話してくれました。

カッパドックスについては「会場を見た瞬間、ヒッピーになった気分になったし、フラワーパワーを凄く感じて、美しいマジカルな場所に感じました。いつもなら雨が降ってるとストレスなんですけど、この雨が良かった。これ以上美しいものは無いんじゃないか、他に何もいらないと思いました」とその感想を語りました。

ハムダンさんは1976年、内戦中のレバノン・ベイルートで生まれ、幼少時にさまざまな国で暮らした後にベイルートに戻り、バンドSoapkillsのボーカルとして活躍し、今はソロとしてパリを拠点に活動しています。 サラームは彼女について「アラブのビョークのような存在」と称していました。なおインタビューの後半では、以前来日した際の日本や日本人の印象など、旅を通じて感じたことを語ってくれました。

次回27日(日)は、カッパドックスの魅力に迫る最終回! どうぞお聴き逃しなく!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SUNDAY SESSIONS」
放送日時:毎週日曜 23時−23時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sundaysessions/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。