体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

廃墟の女王で、まさかのセコム。

廃墟の女王で、まさかのセコム。

摩耶山を下山し始めて約1時間、廃墟パートに足を踏み入れることに。ここからさらにディープなマヤワールドに入っていくのだが…。

15:15 人が地下へ消えていく…

廃墟の女王で、まさかのセコム。

心なしか参加者の間にも緊張感が漂う。そんななかたどり着いたのはひとつめの廃墟、摩耶花壇だ。

ケーブルカーができた翌年、大正15(1926)年に開業。木造3階建てで、1階が浴場、2階がレストラン、3階が宿泊施設だったという。1960年代に解体され、木造だった部分は撤去された。今は下室のコンクリート部分だけが残っている。

「当時はかなり流行したそうで、マヤカンはその影響を受けて作られたと考えられますね」廃墟の女王で、まさかのセコム。廃墟の女王で、まさかのセコム。廃墟の女王で、まさかのセコム。廃墟の女王で、まさかのセコム。

15:31 そしていよいよ…

マヤカンだ! ーーと、その前に。廃墟の女王で、まさかのセコム。

まずは模型を使って、慈さんがマヤカンの歴史や建築などの説明をしてくれる。

昭和4(1929)年に竣工された摩耶観光ホテルは、食堂、浴場、余興場、客室などを備えた複合保養施設「摩耶山温泉(摩耶温泉ホテル)」という名前でオープンした。しかし、昭和15(1944)年、戦争によってケーブルが営業中止となり、客足が途絶えてしまった。

「米軍将校の遊興場として、ダンスホールにできないかって画策されたらしいんですけど、予算の問題で難しかったようです」

昭和35(1960)年に買い取られ、翌年から「摩耶観光ホテル」に。内装には、解体された豪華客船イル・ド・フランスの部材が使われ、レジャー施設として人気を博す。屋上のビアガーデンも好評だったそうだ。しかし、昭和42(1967)年、台風被害によりふたたび休業。70年代には「摩耶学生センター」として再利用されるも、平成5(1993)年ごろに閉鎖された。

「学生センターを利用された方が、よく“懐かしい”とツアーに参加されたりします。今日はいませんか?」

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。