体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

深澤直人の国内初となる個展「深澤直人がデザインする生活の周囲展」開催中

lifestyleitems-designed-by-naotofukasawa_001 《Cha クリーマー》ALESSI、2015年、アレッシィショップ青山 蔵

居住空間をイメージ、約110点を展示

2017年10月1日(日)まで、東京・新橋の「パナソニック 汐留ミュージアム」にて「深澤直人がデザインする生活の周囲展」が開催されています。

日本を代表するプロダクトデザイナー・深澤直人氏の国内初となる個展。

パナソニック、無印良品、マルニ木工などでデザインやコンサルティングを手がけるほか、ALESSI(アレッシィ)、B&B ITALIA、MAGIS(マジス)、THONET(トーネット)、Herman Miller(ハーマンミラー)など名だたるグローバルブランドとタッグを組み世界的に活躍するプロダクトデザイナーの第一人者です。

本展では居住空間に見立てた展示室に、深澤氏の作品約110点を配置。氏はこれまで、「Ambient(周囲/雰囲気)」「Without Thought(思わず)」「行為に相即するデザイン」「アウトライン」といった言葉で自身の作品や考えを説明してきました。家具や住宅設備、家電などの深澤作品群から、ぜひその意味するところを感じてみてください。

lifestyleitems-designed-by-naotofukasawa_002 画像左:《モディファイ スフィア》パナソニック株式会社

画像右:《HIROSHIMA アームチェア》マルニ木工、2008年、株式会社マルニ木工 蔵

lifestyleitems-designed-by-naotofukasawa_004 《NOTO》LAMY、2008年、NAOTO FUKASAWA DESIGIN 蔵 lifestyleitems-designed-by-naotofukasawa_005 画像左:《ISSEY MIYAKE TWELVE NYOP001》セイコーウオッチ株式会社、2015年、セイコーウオッチ株式会社 蔵

画像右:《AWA》B&B ITALIA、2009年

深澤直人がデザインする生活の周囲展

会期:2017年7月8日(土)~10月1日(日) 10:00~18:00 ※入場は17:30まで

会場:パナソニック 汐留ミュージアム/東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4階

入館料:一般1000円、65歳以上900円、大学生700円、中高生500円、小学生以下無料

詳細:https://panasonic.co.jp/es/museum/

深澤直人プロフィール

1956年 山梨県生まれ

1980年 多摩美術大学美術学部デザイン科デザイン専攻プロダクトデザイン専修卒業

1989年 渡米、IDEO入社

1996年 帰国、IDEO東京支社長

2003年 NAOTO FUKASAWA DESIGN設立

2005年 武蔵野美術大学基礎デザイン学科教授

ジャスパー・モリソンとともに「Super Normal」設立

第5回織部賞受賞

2007年 21_21 DESIGN SIGHTディレクター就任

2010年 グッドデザイン賞審査委員長(~2014年)

2012年 日本民藝館5代目館長就任

Braun Prize 審査委員

2014年 多摩美術大学統合デザイン学科教授

2016年 「工芸とデザインの境目」展(金沢21世紀美術館)監修

現在、良品計画デザインアドバイザリーボードやマルニ木工アートディレクターなども務める

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

国内外の「編む」が集合! 編んで生まれたプロダクトの展示販売、銀座で開催中
資生堂アートハウスがリニューアルオープン!初企画展「工藝を我らに二〇一七」開催中
ワークチェア10選! LIVING MOTIFのお薦めするワークチェア展、開催中

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。