体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

名画の登場人物になりきり! #アートコスプレ・フェスに行こう!

名画の登場人物になりきり! #アートコスプレ・フェスに行こう! #アートコスプレ・フェス@大塚国際美術館

約1000点の西洋名画を陶板で原寸大に再現・展示している大塚際美術館では、

新たな視点で美術館を楽しんでもらおうと毎年夏にさまざまな体験プログラムを実施。

その中でも人気が高かったアートコスプレをテーマにしたイベントが現在開催されています。

ベラスケスの「ラス・メニーナス(女官たち)」、スーラの「グランド・ジャット島の日曜日の午後」など、名だたる名画の登場人物になりきり、アートコスプレが体験できる企画です!

どんな衣装を着て楽しめるのか、プログラムの詳細をレポートします!

#アートコスプレ・フェス@大塚国際美術館

古代から現代までの名画の登場人物になれる!

アートコスプレ・フェスとは、名画の登場人物のコスプレを楽しめるプログラム。

同館に展示されている古代から現代まで7つの時代の作品に登場する人物の衣装35着を時代ごとのステージに用意し、フェス会場に見立てて展開しています。

アートコスプレをして作品と記念撮影できるほか、名画に通じるランウェイを歩いてモデル気分を味わうこともできます。

また、オリジナル「名画きせかえぬりえ」、「ひとことファッションコラム」などがあり、歴史あるさまざまなファッションを通じて西洋の名画が楽しめる企画になっています。貴婦人 中世ステージの貴婦人コスプレ。名画ともに記念撮影を。貴婦人コスプレラインナップ

7つのステージ、15作品の中からコスプレできます。

衣装は子どもサイズもあり!ファミリーで楽しめる!

ロココ調の豪華な衣装や現代の個性的なものなど35着ラインナップ。

コスプレ好きでもそうじゃなくても盛り上がれそうです。

衣装は服の上から簡単に着脱できるので、気軽に楽しめます!

また作品によっては子どもサイズもあり、ファミリーで一緒にコスプレもOK。

名画をよ~く見て登場人物と同じポーズで記念撮影を楽しみましょう!グランド・ジャット島の日曜日の午後 スーラの「グランド・ジャット島の日曜日の午後」のアートコスプレ。子供たちも当時の紳士淑女に変身!?窓辺に座る女 ピカソ「窓辺に座る女」。色使いが鮮やかな個性的な衣装は京都造形芸術大学の学生が制作したもの。ポンパドゥール夫人

ロココステージは豪華なポンパドゥール夫人のコスプレ。

特別な記念撮影スポットや楽しめる展示が目白押し!

館内には記念撮影ができるスポットや気軽に当時のファッションを知ることができる仕掛けがいっぱい!

中世ステージは『わが唯一の望みの(一角獣と貴婦人より)』と五感を表す6点の連作パネルが一堂に介します。『わが唯一の望みの』は中世ステージから少し離れたところに陶板で原寸大に再現した作品が展示されていますが、五感を表すパネルは期間限定で登場!

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。