体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ジャスティス・リーグ』のバットマンは従来の姿に近いとベン・アフレックが明かす

『ジャスティス・リーグ』のバットマンは従来の姿に近いとベン・アフレックが明かす

アメコミの忠実なファンならば、ベン・アフレックが語った、『ジャスティス・リーグ』で演じる自身の役柄についてのこのコメントは朗報となっただろう。

『バットマンvsスーパーマン:ジャスティスの誕生』では移り気でむっつりしたバットマンだったが、アフレックによると、新作では誰もが良く知る姿で描かれると言う。彼が『Entertainment Weekly』に対して新作について打ち明けてくれたところによれば、バットマンはヒーローに戻るという。

アフレックは、新作のバットマンが「従来の姿により近いバットマン」になっていると語り、次のように続けた。「バットマンはヒーローなんだ。自分のやり方を貫きつつも、人々を救い出し、助けようとする」

アフレックは、『バットマンvsスーパーマン』が”伝統的なバットマン”からの離脱だと認めている。実はバットマンは、スーパーマン(ヘンリー・カビル)とゾッド将軍(マイケル・シャノン)の戦いで同僚が犠牲となり、怒りに満ちていたのだ。新作では、その怒りを過去のものとして封印し、前に進んだようである。

「このバットマンは、アメコミのページを開くと出てくるバットマンに近いんだ」

怒りが鎮まったことにより、バットマンは『ジャスティス・リーグ』でより活躍できそうである。なにしろ新作では他の”超人”と協力して世界を救うことになるのだ。その仲間にはワンダー・ウーマン(ガル・ギャドット)、フラッシュ(エズラ・ミラー)、サイボーグ(レイ・フィッシャー)、そしてアクアマン(ジェイソン・モモア)という顔ぶれが揃う。

アフレックは「バットマンはこの作品で、手を尽くして同志を見つけ、協力してやり遂げようと説得するんだ」と自身の役柄について語っている。「このチームがひとつになるかどうかが新作のストーリーの一部にもなっている」

『バットマンvsスーパーマン』は興行成績は優秀だったが、作品の評価は今一つに留まった。『ジャスティス・リーグ』でバットマンが我々にも馴染みのあるキャラに近づいたのがどう影響するのかも見どころになりそうだ。『ジャスティス・リーグ』は、11月23日に日本で公開予定。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

『ジャスティス・リーグ』のバットマンは従来の姿に近いとベン・アフレックが明かす

ブロードウェイミュージカル版『アナと雪の女王』の画像が初公開

息子のホッケーの試合でノリノリに踊るセリーヌ・ディオン【映像】

今度は12歳の英国の少年がアインシュタインを超えるIQ値をマーク

米国のアイスクリームの早食い大会で日系アメリカ人のフードファイターが新記録を達成!

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。