体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オーナーは陽気なフランス人! 福岡の屋台文化に新しい風を吹き込む「レミさんち」の魅力を探る【福岡・天神】

f:id:mesitsu_lb:20170711201025j:plain

福岡と言えば屋台。屋台と言えば福岡

昼間は多くの会社員や買い物客が行きかう福岡市中心部を南北に貫く大通りの「渡辺通り」。道の両側にはデパートやショッピングビルが軒を連ね、通りの下には地下街が広がるという、どの都市にでもあるようなちょっとしゃれた大通りですが、夕方6時を過ぎると様相が一変します。

通り沿いのビルの前に屋台がずら~っと並び、まるで東南アジアの市場のような雰囲気に様変わり。おいしそうな匂いがそこら中に漂い、街の人々が次々と屋台の中に吸い込まれていきます。昼と夜とでこれほどまでに表情が変わる街の光景は福岡の魅力のひとつにも挙げられますね。屋台を出すスペースを確保するために都市計画ではあえて歩道を広く設計しているという噂もある程、福岡の街には屋台が溶け込んでいます。

そんな福岡の屋台に、今年新たな顔が加わりました。もともと天ぷら専門店やショットバーなどバラエティに富んでいる福岡の屋台ですが、なんと「庶民派フレンチ」をメインにした屋台が誕生したのです。

この噂は瞬く間に福岡中を駆け巡り、今や”並ばないと入れない”屋台として連日多くのお客さんでにぎわっているとか。

今回はそんな大人気の屋台「レミさんち」にお邪魔してきました。

場所は天神ロフト前

「レミさんち」がお店を出すのは、渡辺通り沿いの天神ロフト前。天神地下街の西12c出口を出たらすぐそこです。

夕方17時半くらいになると、

f:id:mesitsu_lb:20170711201923j:plain

こんな感じで18時オープン目指して準備に入ります。

この時点で既に開店待ちの行列ができていることもあります。取材したのは金曜日の夜だったのですが、この日も一仕事終えて開店を今か今かと待っている女性の方がいました。

待っているのはお客さんだけではなかった!

そしてこの日、何と東京のテレビ局も取材に来ており、開店前の準備風景から密着して撮影していました。

f:id:mesitsu_lb:20170711202155j:plain

東京の番組で福岡の名物屋台を取り上げるそうです。

この後、テレビのカメラマンさんとお互いベストな撮影ポジションの熱い奪い合い(というか譲り合い)戦争が勃発します。テレビ vs ウェブメディア、どちらがこの屋台の魅力を引き出せるか!?

ファイッ!!!

何このイケメン集団!?

この話題の屋台「レミさんち」ですが、店長のレミさんをはじめ、スタッフさんは全員フランス人。しかもイケメンぞろい。

f:id:mesitsu_lb:20170711202356j:plain

▲店長のレミさん。福岡では初の外国人の屋台オーナーです

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。