体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

尾崎世界観の番組にクリープハイプ全員集合!

尾崎世界観の番組にクリープハイプ全員集合!
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(月曜担当ナビゲーター:尾崎世界観)。8月21日のオンエアでは、番組恒例となった「尾崎世界観のアレ祭」を開催! クリープハイプ・尾崎の“アレ”こと、クリープハイプのメンバー全員がスタジオに集結しました!

そしてリスナーからのメールを紹介していましたが、小川幸慈さんだけは、なぜか後半からの出演ということで別室で待機していたため、尾崎と長谷川カオナシさん、小泉拓さんでトークしていました(笑)。

そんな中、やり甲斐をもって仕事をしてきたというリスナーから、「若い後輩の子やアルバイトの子たちが増え、空気の輪に馴染めず、いつしか疎外感を感じるようになりました。仲良くしたいという気持ちはあるのですが、どう接したらいいかわかりません。というか、後輩たちが何を考えているのかわかりません。(中略)皆さんの意見が聞きたいです」という内容のメールが。

「わかりますけどね、ちょっと気持ちは。ひとつの組織の中で一番年上とかになっちゃうとね」と答える小泉さん。「年上になって寂しいという気持ちは僕はわかりますよ」と続け、さらに「共感することしかできないけど気持ちはすごいわかる」と優しく回答していました。

長谷川さんも「後から入ってきた人に追いやられるの嫌だよね」と同調し、さらに「長老として過ごすのもアリだと思いますけどね。若い子のパワーを吸うんじゃなくて、自分は(ポジションを)譲ってしまって長老として過ごすっていう、ひとつのいい機会かなと思います」と続けていました。

尾崎は「しょうがないよね…老いには勝てないよね…」と同意の様子をみせながらもどちらかというと、2人が話している間ずっと、言葉尻を取ってふざけたりと楽しそうで、クリープハイプの仲の良さが垣間見えるオンエアでした。

この日の放送では他にも、後半、満を持して登場した小川さんがラジオにも関わらずジェスチャーゲームをやらされる場面も(笑)。

さて、22日(火)の「SPARK」はSHISHAMOがナビゲート。8月17日に行われたばかりのクリープハイプとの「J-WAVE SPARK LIVE vol.3」のライブ音源をオンエアします! どうぞお聴き逃しなく!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。