体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【日本から一番近いヨーロッパ】白夜とキノコとベリー。フィンランド夏の魅力

【日本から一番近いヨーロッパ】「沈まぬ真夜中の太陽」と「自然の恵み」の国フィンランド
北欧の国フィンランドで、思い出すのは何でしょうか。極寒の地、オーロラやサンタクロース、トナカイの冬のイメージしかないのでは?

夏のフィンランドは白夜で有名、真夜中でも沈まない太陽が見られます。長く寒い冬から解き放たれ、24時間太陽が輝く夏は、喜びと美しさに満ちあふれます。私たちがあまり知らない夏のフィンランドの魅力を探ってみましょう。

白夜の国

【日本から一番近いヨーロッパ】「沈まぬ真夜中の太陽」と「自然の恵み」の国フィンランド
夏のフィンランドは、ヘルシンキでも23時頃まで日が落ちることがありません。北極圏のラップランド地方では、5月から7月末にかけて真夜中の太陽を見ることができるそうです。明るい夜が醸し出す幻想的な雰囲気は、日本では味わえないもの。短い夏ゆえ、夜まで思いっきり遊ぶのがフィンランド流の夏の過ごし方です。

白夜にまつわる言い伝えでは、「未婚の若い女性が7つの花を集めて夏至の夜に枕の下に置いて寝ると、夢に未来のフィアンセが現れる」が昔から信じられています。ロマンティックですね。

[フィンランド政府観光局公式ホームページ]

フィンランドの首都 ヘルシンキ

【日本から一番近いヨーロッパ】「沈まぬ真夜中の太陽」と「自然の恵み」の国フィンランド
フィンランド共和国の首都ヘルシンキは、バルト海に面した人口約60万人の都市。ヘルシンキが首都になって2012年で200周年を迎えています。

夏季最高気温は7月で+21.7℃、冬季最低気温は-10.4℃。平均気温は年間+5℃です。日本から直行便で約10時間の一番近いヨーロッパの玄関です。

ヘルシンキの食のミニパンフレット「Food Helsinki? HEL YEAH!」 (日本語) は、こちら。

自然享受権があるフィンランド

【日本から一番近いヨーロッパ】「沈まぬ真夜中の太陽」と「自然の恵み」の国フィンランド
【日本から一番近いヨーロッパ】「沈まぬ真夜中の太陽」と「自然の恵み」の国フィンランド
森と湖の国と呼ばれるほど、自然に恵まれたフィンランド。自由に森の中を歩いて、「ベリー」や「きのこ」といった森の幸を誰でも楽しめる「自然享受権」があります。

夏場は、ベリー摘みが楽しみ。夏の長い日の光に照らされる白夜で、甘味やビタミン、フラボノ成分が凝縮されスーパーフードと呼ばれるほどです。ベリーの種類は、ブルーベリー、クランベリー、クラウドベリー、リンゴンベリー(コケモモ)と様々。フィンランドの人たちは、バケツに3杯も収穫するそうですよ。私たちも童心に帰って、森の恵みを摘みたいですね。首都ヘルシンキから約1時間で行くことができるヌークシオ国立公園には、ブルーベリー摘みのスポットがあります。

ただし、野生のベリーやきのこは摘んでも良いですが、誰かが所有する木からりんごやプラムを摘むのは不可。ごみは持ち帰ること。訪れた場所の自然の状態をそのままに保つこと。自由には、常識を守る責任が伴います。

ベリー摘み情報

ヌークシオ国立公園
http://www.visitfinland.com/ja/kiji/experience-the-finnish-national-park/

ヌークシオ国立公園でキノコ狩り&ベリー摘みツアー(日本語ガイド同行も可能)
7月中旬から10月までの期間限定ツアー
https://feelthenature.fi/ja/ヌークシオ国立公園でキノコ狩り&ベリー摘みツ/

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。