体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サマソニの『パピコ』ブースがアツかった件 「なめらか食感」をこんな方法でアピール!?[PR]

dsc_0060

8月19日(土)~20日(日)に開催された『SUMMER SONIC 2017』(以下、サマソニ)。東京・大阪の両会場には国内外から人気&新鋭のアーティストが総勢100組以上集結し、2日間で計15万人のファンを熱狂させた。

dsc_0266

だが、あえて言おう。サマソニに来たのに『パピコ』のブースに行かなかった人はチケット代を損しているとッ!

今年で9回目の出展となるサマソニの『パピコ』ブース。まさかココで最先端のテクノロジーを体感できるとは……。順を追って説明しよう!

『パピコ』ブースを出展

dsc_0229

ZOZOマリンスタジアムと幕張メッセ・ホール6に出展したブースでは、江崎グリコの定番アイス『パピコ』(4種類)を販売。アツく火照ったカラダを冷ますため、まさに飛ぶように売れていたのが印象的だった。

dsc_0224

注目は同ブースで実施していた「なめらカヌー」と題したアトラクション(ZOZOマリンスタジアム側のみ)。砂の上にカヌーを浮かべ、壁面に設置した7つのゴールに向かってボールを投げ入れるというもの。すべてゴールを決めることができれば、豪華な景品がもらえるというワケだ。

「簡単じゃね?」「砂の上にカヌーって意味わからん」と思った人もいるかもしれないが、驚くべきはここからなのだ……!

「流動床インターフェース」って何だ?

dsc_0092

この砂、ただの砂ではない。いや、ただの砂ではあるのだけど、仕掛けのスイッチをオンにすると、我が目を疑うような光景が。

dsc_0077

砂が……なんか液体っぽくなってる!

その上に人が立つのも造作なかった砂場が、一瞬にしてプールのように。手で触っても一切の抵抗がなくなり、底がなければどこまでも沈んでいきそうである。

dsc_0214

何を言ってるか分からないだろう。実を言うと、筆者も未だによく理解していない。アトラクションの開発に携わった、ものつくり大学の的場やすし氏に聞いたところ、砂をあっという間に液体のようにすることができる「流動床」という現象を利用しているのだとか。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。