ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

グラフィティ界のパイオニア バリー・マッギー、妻クレア・ロハスと展覧会を開催

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

1708222
バリー・マッギー 無題 2014年 / Photo: Jay Jones Courtesy of Ratio 3, San Francisco and Cheim & Read, New York

グラフィティアーティストのバリー・マッギー(Barry McGee)と妻のクレア・ロハス(Clare Rojas)が、展覧会「バリー・マッギー+クレア・ロハス展 Big Sky Little Moon」を開催中。会場は、ワタリウム美術館。会期は6月24日から10月15日まで。

グラフィティ界ではパイオニア的存在として知られている、サンフランシスコ出身のアーティスト、バリー・マッギー。
今回、ワタリウム美術館で展覧会を開催するのは2007年以来2度目となる。
本展では、新作の巨大インスタレーションやマッギー作品の特徴でもあるカラフルな人間の顔をモチーフにしたイラストに加えて、ロハスとのコラボレーション作品を展示し、ストリートの世界を美術館で表現する。

ワタリウム美術館のミュージアムショップ「オン・サンデーズ(On Sundays)」では、マッギーのタグ名でグラフィティ用の署名である「ツイスト(TWIST)」にちなんだ「ツイスト・ジェネラル・ストア(TWIST GENERAL STORE)」が期間限定でオープン。展覧会限定のオリジナルグッズをはじめ、ジン(ZINE)やステッカーなどが並ぶ。出品作家はマッギーとロハスのほか、エリック・ゾー(Eric Zo)や加賀美健ら。

バリー・マッギー+クレア・ロハス展 Big Sky Little Moon
会期:2017年6月24日(土)〜10月15日(日)
休館日:月曜日(9月18日、10月9日は開館)
開館時間:11:00〜19:00(毎週水曜日は21時まで延長)
入館料:大人1000円 / 学生(25 歳以下)800円
会場:ワタリウム美術館
住所:東京都渋谷区神宮前3-7-6
電話:03-3402-3001

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。