体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏だから「冷たい=おいしい」は間違っている?食べ物や飲み物にある最適温度を知ろう

 

蒸し暑い日にはキンキンに冷えたビールが飲みたいっ!夏真っ盛りの今はそんなふうに思っている人も多いと思いますが、ちょっとだけ待ってください!!じつは冷やし過ぎたビールってじつはベストじゃないってご存じですか?食べ物や飲み物には、食べたときに美味しく感じられる“最適温度”があって、ベストな温度にすることで味覚にも変化があるんです!

 

美味しさの適温は、「体温」が基準となる

ビールの基礎知識 2012年03月21日発売号
Fujisan.co.jpより

 

まず知っておきたいのは、味の感じ方。一般的に味は、口の中の温度や体温に左右されるといいます。たとえば、舌で感じられる五味(甘味・塩味・旨味・酸味・苦味)のうち、塩味は体温より高いと味の感じ方が柔らかくなり、甘味は体温に近い36~37度でより甘く感じるといいます。つまり、自分の体温を基準に、食べ物の適温を考えるのがいいのです。

 

フローズンビールはやり過ぎ?それとも美味しければOK?

 

最近は、マイナス温度で凍らせたフローズンビールなるものがありますが、これもじつは万人が美味しいと感じる温度ではないのです。では、夏の定番、ビールは何度が適温なのでしょうか??各メーカーのHPではビールの最適温度は以下のように出ています。

 

・サッポロビール……夏は4~6度、冬は7~9度

・サントリー……夏は4~6度、冬は6~8度

・キリンビール……6~8度が目安

・アサヒビール……(スーパードライの場合)5~6度

 

夏場はおおよそ4~6度くらいで冷やせば間違いはなさそうです。

 

各社で共通しているのは、ビールはキンキンに冷やし過ぎると、泡立ちが悪くなるということ。4時間ほど冷蔵庫で冷やすと、飲みごろの温度になるといいます。ちなみに同じアルコールでもワインは適温が違います。白ワインは5~10度、赤ワインは常温15~20度くらいが理想なんだとか。

 

フルーツも冷やし過ぎはダメ?美味しい甘さはこの温度で!

 

縁日で割りばしに刺さった冷やしメロンやスイカ、パイナップルが売っています。こうしたフルーツもただ冷やせばいいってもんじゃありません。果物の種類にもよりますが、理想煎甘さや香りを楽しむために10~15度が理想といいます。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会