体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画】映画『Killing of a Sacred Deer(原題)』、ニコール・キッドマンとコリン・ファレルが出演する不気味なトレーラーが公開

映画『Killing of a Sacred Deer(原題)』のトレーラーで、若い女性がエリ・ゴールディングによる大ヒットしたポップ楽曲『バーン(Burn)』を歌っている。

シーンが進むにつれ、激しい高音の不協和音の弦楽器とティンパニの音が不気味に始まる。

コリン・ファレル演じる医師が、「外科医は決して患者を殺さない」「麻酔科医は患者を殺すことができるが、外科医は決してできない」と、語る。

トレーラーから同作のあらすじはあまり明かされないが、若い男がスパゲッティを口いっぱいに頬張る姿など、刺激的な映像が垣間見られる。

ある場面では、取り乱した様子のニコール・キッドマンが、「何故、私がこの代償を支払わなければならないのか分からない。何故、私の子供たちがこの代償を払わなければならないのか」と、問う。

同作は、ヨルゴス・ランティモスがエフティミス・フィリップと共に脚本を執筆した。ランティモスは監督も務め、2017年のカンヌ国際映画祭で脚本賞を獲得した。

本紙ヴァラエティの映画評論家ピーター・デブルージは、監督が「恐ろしい恐怖のシナリオのような深刻な悲劇を見せる」と、表現した。

『Killing of a Sacred Deer(原題)』は10月27日に米劇場公開する。トレーラーは以下。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。