体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワークチェア10選! LIVING MOTIFのお薦めするワークチェア展、開催中

10-work-chair_01

2017年7月28日(金)から9月30日(土)まで、東京・六本木の「LIVING MOTIF(リビング・モティーフ)」にて、『リビング・モティーフがお薦めするワークチェア10選「10 WORK CHAIRS」』が開催されています。

数あるワークチェアの中からリビング・モティーフが自信をもってお薦めする10脚を展示販売するイベント。

会場に並ぶのは、日本初お披露目となる新作・Vitra(ヴィトラ)「Pacific Chair(パシフィック チェア)」「AM Chair(AM チェア)」をはじめ、Herman Miller(ハーマンミラー)「Eames Aluminum Group Management Chair(イームズ アルミナム グループ マネージメント チェア)」など。すべてのワークチェアは座り比べすることができます。

また、Konstantin Grcic(コンスタンチン・グルチッチ)によりデザインされたソファにもなるパーテーション付きのシステムデスク「Hack(ハック)」や、Antonio Citterio(アントニオ・チッテリオ)デザインの移動式ドロワー「Follow Me(フォロー ミー)」など、ヴィトラのオフィスアイテムも揃い、新しいオフィスの形も提案されています。

実力派ショップが提案する10脚をぜひご自身の体でご確認ください。

10-work-chair_02 会場の様子。 10-work-chair_03 こちらがワークチェア10選。 10-work-chair_04 ワークチェアだけでなく、デスクや小物と合わせて展示されオフィス空間全体が提案されています。 10-work-chair_05 好きな椅子と場所を選んで働けるフリーアドレスのオフィスには、移動式のドロワー「Follow Me」がオススメ。 10-work-chair_06 作業時間や内容によって天板の高さを300~1250mmの範囲で調整できる昇降式デスク「Hack」。一日中座って作業するのではなく、適度に立って姿勢を変えることができるとともに、高さのある両サイドのパネルが集中して仕事に取り組める環境を作り出します。 10-work-chair_07 「Hack」は天板の高さを300mmにし、クッションを加えるとソファとして機能し、エントランスの待合スペースやライブラリーコーナー、休憩スペースとして使用することもできます。

リビング・モティーフがお薦めするワークチェア10選「10 WORK CHAIRS」

会期:2017年7月28日(金)~9月30日(土) 11:00~19:00

会場:リビング・モティーフ 2F

詳細:http://www.livingmotif.com/news/170728_01

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

総勢5000枚以上を販売!「まめざら・こざら展」全国13店舗で開催
「ハッピーのかたち」をした身の回りの調度品の展覧会、開催中
Vitraが植物のある暮らしを提案、フォトコンテストなどのキャンペーンを展開中

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。