体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GLIM SPANKYとKenKenが映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』主題歌&挿入曲を担当

10月21日(土)より公開となる話題の映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』。この度、同作の挿入曲および主題歌を務める2大アーティストが決定した。
KenKen、GLIM SPANKY (okmusic UP's)

『鷹の爪』劇場版9作目となる本作は、アメコミの代表格であるDCエンターテイメントと世界的なタッグを組んだ超大作に! 世界的に有名なヒーローであるバットマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、アクアマン、サイボーグたちが鷹の爪の世界に参戦する。

スーパーマンをはじめとしたヒーローたちが活躍するシーンで流れる挿入曲には、ベースヒーロー・KenKenが決定。そして、主題歌にはGLIM SPANKYが決定した。この豪華2大アーティストの楽曲を使用した予告編では、鷹の爪団とDCキャラクターのジャスティス・リーグとどう関わるのか、そしてジョーカーたちとのバトルシーンの一部が描かれている。

DCキャラクターがアメリカ以外の国でアニメ化されたのは、本作が初めてという快挙。まさかの人気実力派俳優と、人気声優とそしてカッコイイアーティストたちは、なぜ、鷹の爪を選んだのか? GLIM SPANKYとKenKenからのコメントも到着しているので、こちらにも目を通して映画の公開を楽しみにしていてほしい。

■『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』公式HP

http://dc-taka.com
『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』予告動画

https://youtu.be/9IEnjuOuVu8【各アーティストよりコメント】

■GLIM SPANKY

今回鷹の爪が劇場版としてDCとコラボするこの大きなプロジェクトに楽曲で関われて非常に光栄です。

鷹の爪のくだらない楽しさが大好きでよく吉田くんのモノマネもしたりしています。

映画の主題歌ということで本編を見終わった後に流れることを想定して監督と会議しながらいちから楽曲を作りあげた自信作です。

映画館でぜひお楽しみください。

■KenKen

「菅井君と家族石」の時代から、そして「古墳ギャルのコフィー」をはじめ、ずっとFROGMAN氏の作品のファンでしたので、今回お話が来た時にはそりゃもう中の人が出ちゃいそうになるくらい嬉しかったです。

しかも! これまた大好きなバットマン、スーパーマンのDC作品! 気合い入れて作りました!

次は鷹の爪団のテーマ曲を書きたい!笑

鷹の爪団ありがとう!
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。