体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

周囲の人に好かれるようになる、たった「5つ」の方法

「挨拶したのに素っ気ない態度をとられた」

「いつも自分の意見だけ反対される」

「飲み会で誰も話しかけてくれない」

世の中には、「打ち解けやすい」と思われ、周囲の人気を集める人と、「なんだか話しにくい」と思われ、よそよそしい扱いを受ける人がいます。「打ち解けやすい」と思われている人の多くは、まわりくどい説明を要さずに言い分を理解してもらえたり、ごく自然に人脈が増えていたりするものです。

一方、「話しにくい」と思われている人は、相手に距離を置かれやすいため、スムーズに話が進まなかったり、なかなか真意を理解してもらえなかったりすることも…。周囲の人と打ち解けるには、普段からどのように接しておけば良いのでしょうか?

そこで今回は、広告代理店勤務時代にVIPと3,000人以上交流した気配りのプロフェッショナル・後田良輔さんに、デキる人が自然に行っている「まわりが好意的になる方法」について話を伺いました。

f:id:tany_tanimoto:20170818132827j:plain

「話しやすさ」を作るには、「嬉しい」気持ちを渡すことを

周囲の人と仲良くし、打ち解けるには「相手を気づかうこと」が重要と思われていますが、それは間違いです。なぜなら「気づかってもらっている」と思うポイントは人によって異なるからです。

相手を気づかう以上に、デキる人は、まわりに「嬉しい」気持ちを渡すことを意識しています。人は「嬉しい」と感じると自然と心が暖かくなり、自分のことを大切にされたと思う生き物です。その結果、「嬉しい」気持ちを渡された相手に対して、「この人ともっと話したい」と自動的に思うようになります。

また、相手を「気づかうポイント」は無限にありますが、「嬉しさを感じてもらうポイント」はたった5つに集約できます。身近な人はもちろん、相手が普段接しないようなキーパーソンであっても、これからご紹介することを実践すれば、「この人は話しやすい」と思ってもらえます。

では、そのポイントをひとつずつ見ていきましょう。

■周囲が好意的になる方法1:覚える

モテ男子や愛され女子、デキる営業マンが押さえているポイントが「覚える」です。

例えばレストランでの食事。「ハンバーグ定食はどちら様ですか?」と、料理を運んできた店員さんに聞かれて、「それはあちらの男性です。あとスパゲティはこちらの方です」なんて、全員のオーダーを覚えている人がいます。

ほかにも、「会った人の名前を記憶している」「前に聞いた話を覚えている」など、普通の人が忘れがちなことを覚えていて発信するだけで、「自分のことを気にかけてくれている」という「嬉しい」感情を相手に与えることができます。

■周囲が好意的になる方法2:ペースを合わせる

「歩く」「話す」「食べる」など、ついつい自分のペースで行いがちな動作を、相手のペースに合わせるだけで、「一緒にいるとなんだか心地良い」という感情を相手に与えることができます。

例えばデート。物理的に男性の方が女性よりも歩幅が大きかったり、速度が速かったりするため、女性は無理して早足で歩きがちです。そんなとき、それを意識してペースを緩めてくれる男性がいたら嬉しくなりますよね。

あるいはビジネスの商談。ゆっくり噛みしめて話すクライアントには、こちらもゆっくりと話すことで「和」が生まれ、商談もうまくいくものです。自分のペースを捨て、相手のペースに合わせるだけで「嬉しさ」を演出できますので、使わない手はありません。

■周囲が好意的になる方法3:目を見て微笑む

どんなに強面な人でも、赤ちゃんに微笑まれたらきゅんとしてしまうように、微笑みは0円でできる最強の武器となります。

また「目は口ほどにものを言う」「目は心の鏡」「成るか成らぬか目元で知れ」などと昔から言うように、「目」は嘘をつくことが難しい部位。つまり目を見て微笑むという行為は、相手を信頼させながら「嬉しい」という気持ちを渡すことができるのです。あなたと相手が目が合うということは、あなたに興味がある証拠。そんなときこそ、微笑みをプレゼントして嬉しい気持ちを伝えましょう。

■周囲が好意的になる方法4:意見を聞く

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。