体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鰹のたたきを自分で作れる!

グルメ

8月18日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系、午前09時50分~)では、夏の高知県を旅した特集の中で、「土佐タタキ道場」(高知県高知市)が紹介された。

鰹のわら焼き体験が出来るとやって来たこちらのお店。
今回は「鰹タタキ定食(体験付き)」(1,500円)をいただいた。たたきは朝仕入れた鰹を一気に焼くことでわらの香りを付けているのだという。薬味の玉ねぎやにんにく、みょうがなどは盛り付け放題になっている。

さっそく一人前200gほどの鰹のブロックを火を点けたわらの上で炙りはじめたふたりは、「あっちい!」「えーっ!けっこう熱い!」とその火の強さにビックリ。しばらくして店員の指示でひっくり返してみると、そこには綺麗な焼き目が。その出来映えに「おいしそー!」「焼けてる!」「脂が出てる」と嬉しそうだ。
完成したたたきを店員に切ってもらい、「おお~!おいしそうこの断面!」「今焼いたばっかりですもんね」「できたて~!」とテンションのあがったふたりは、たたきのならべられた皿にたっぷりの薬味を盛り付けた。

「鰹タタキ定食(体験付き)」の一切れを塩を付けて一口食べた女性タレントは「身が柔らかい!口の中で香りがすごいです!」とコメント。
谷岡慎一さんはたっぷりの薬味とお店自家製ポン酢と共に大きく一口で頬張り「んうっ……、おいしい!」と思わず頬を緩ませた。

谷岡慎一さんと同じ食べ方でいただいた女性タレントは「うん!おいしい!暑い時はこれだ!うん、おいしい」と何度も頷き、もう一口たたきを頬張った。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:土佐タタキ道場 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:高知市のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:高知市×和食のお店一覧
羽田で味わえる、地魚料理がいただけるお店
トロトロチーズがトッピングされたハンバーグとマッシュポテト

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会