ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【インドネシア国際モーターショー2017】注目の日本車紹介

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
▲インドネシアのジャカルタ・コンベンションセンターで、2017年8月10日から20日にかけて開催された、インドネシア国際モーターショーから、日本車の展示モデルを紹介する

▲インドネシアのジャカルタ・コンベンションセンターで、2017年8月10日から20日にかけて開催された、インドネシア国際モーターショーから、日本車の展示モデルを紹介する

三菱 エクスパンダーをはじめ、注目モデルが登場

日本車のシェアが99%にも達するインドネシア。そんな地で、2017年8月10日から20日に開催されたインドネシア国際モーターショーの模様を紹介する。当然主役は日本車で、各メーカーとも大きなブースを構えていた。大型デビューモデル、三菱 エクスパンダーをはじめ、得意のハイブリッド車などが多数出品されており、見どころの多いショーだった。

▲ASEAN地域で大人気となっている、パジェロスポーツのイメージを色濃く反映させているFFベースの7人乗りコンパクトMPVが、三菱 エクスパンダーだ。インドネシア国内では今秋より発売される。ASEANなど一部地域へは2018年春より出荷予定。ショー会場ではいちばん人気となっていた

▲ASEAN地域で大人気となっている、パジェロスポーツのイメージを色濃く反映させているFFベースの7人乗りコンパクトMPVが、三菱 エクスパンダーだ。インドネシア国内では今秋より発売される。ASEANなど一部地域へは2018年春より出荷予定。ショー会場ではいちばん人気となっていた

▲ダイハツのコンパクトカー技術を生かしたMPVのコンセプトモデルのマルチシックス。ウォークスルーができる広大な室内空間と、スタイリッシュな外観を両立させている。何世代も同居する大家族社会となるインドネシアでは、多人数乗車が可能なMPV人気は高い。来場者の反応をみるために出品された模様

▲ダイハツのコンパクトカー技術を生かしたMPVのコンセプトモデルのマルチシックス。ウォークスルーができる広大な室内空間と、スタイリッシュな外観を両立させている。何世代も同居する大家族社会となるインドネシアでは、多人数乗車が可能なMPV人気は高い。来場者の反応をみるために出品された模様

▲上のマルチシックスとは対極をなす、ダイハツのセダンコンセプト。大家族スタイルが定番のインドネシアでも、核家族化が進んでおり、そのような層の反応をみるために出品されたようだ。ハッチバックの方がセダンより税金が安い彼の地の事情もあり、ハッチバックセダン風のデザインを採用

▲上のマルチシックスとは対極をなす、ダイハツのセダンコンセプト。大家族スタイルが定番のインドネシアでも、核家族化が進んでおり、そのような層の反応をみるために出品されたようだ。ハッチバックの方がセダンより税金が安い彼の地の事情もあり、ハッチバックセダン風のデザインを採用

▲インドネシアの国民車といってもいい存在がトヨタ アバンザだ。若年層をターゲットにしたモデルが、このアバンザヴェロス。日本車でいえば、軽自動車のカスタム仕様といったところか。ブラックのアルミホイールや、ハニカムグリルが印象的。日本の5ナンバーサイズに収まるコンパクトモデル

▲インドネシアの国民車といってもいい存在がトヨタ アバンザだ。若年層をターゲットにしたモデルが、このアバンザヴェロス。日本車でいえば、軽自動車のカスタム仕様といったところか。ブラックのアルミホイールや、ハニカムグリルが印象的。日本の5ナンバーサイズに収まるコンパクトモデル

▲トヨタ ヤリスはヴィッツの海外名ではあるが、ヴィッツとは一風異なるモデルが、このヤリスハイカーズだ。ホイールアーチに樹脂製オーバーフェンダーなどが採用され、SUV風に仕立てられている。現地のヤリスとは異なる1.5Lエンジンを搭載。全長も日本のヴィッツより大きい4mオーバーサイズ

▲トヨタ ヤリスはヴィッツの海外名ではあるが、ヴィッツとは一風異なるモデルが、このヤリスハイカーズだ。ホイールアーチに樹脂製オーバーフェンダーなどが採用され、SUV風に仕立てられている。現地のヤリスとは異なる1.5Lエンジンを搭載。全長も日本のヴィッツより大きい4mオーバーサイズ

▲日産はディフュージョンブランド(弟分)である、ダットサンからコンパクトモデル、GOのコンセプト、GO Liveを発表。世界各地でダットサンはモータースポーツ仕様などを展示しており、今回のこのモデルも若年層へのアピール強化を狙ったものと思われる。市販車に反映されるかは未定だ

▲日産はディフュージョンブランド(弟分)である、ダットサンからコンパクトモデル、GOのコンセプト、GO Liveを発表。世界各地でダットサンはモータースポーツ仕様などを展示しており、今回のこのモデルも若年層へのアピール強化を狙ったものと思われる。市販車に反映されるかは未定だ

▲インドネシアで業界ナンバーワンのタクシー会社が、車両を採用している印象が強かったホンダ モビリオ。コンパクトハッチバック、ブリオをベースに、3列シートを与えたコンパクトMPVだ。今回のショーでは、フェイスリフト版を展示。厚みを増したボンネットなど、質感の向上が図られている

▲インドネシアで業界ナンバーワンのタクシー会社が、車両を採用している印象が強かったホンダ モビリオ。コンパクトハッチバック、ブリオをベースに、3列シートを与えたコンパクトMPVだ。今回のショーでは、フェイスリフト版を展示。厚みを増したボンネットなど、質感の向上が図られている

▲日本でも人気のコンパクトハッチバック、スズキ イグニスの本格オフロード風スタディが、イグニスSアーバンコンセプトだ。現地での大盛り上がりぶりは印象的だった。趣味性の強さもアピールされており、あのジムニーの4ドア兄貴分として日本に登場してもおもしろそうなデザインだ

▲日本でも人気のコンパクトハッチバック、スズキ イグニスの本格オフロード風スタディが、イグニスSアーバンコンセプトだ。現地での大盛り上がりぶりは印象的だった。趣味性の強さもアピールされており、あのジムニーの4ドア兄貴分として日本に登場してもおもしろそうなデザインだ

▲日本でも販売されているコンパクトハッチバック、バレーノがインドネシアでデビュー。彼の地ではセダンの税金が高くなるということで、プレミアムハッチバックともいえる存在感のあるバレーノは、インドネシアでも人気が高まりそうだ。アジア各地で人気があり、インドでは高い人気が続いている

▲日本でも販売されているコンパクトハッチバック、バレーノがインドネシアでデビュー。彼の地ではセダンの税金が高くなるということで、プレミアムハッチバックともいえる存在感のあるバレーノは、インドネシアでも人気が高まりそうだ。アジア各地で人気があり、インドでは高い人気が続いている

▲スズキブースで存在感を放っていたのは、7人乗り小型MPVのエルティガ。数台がブースに配置されていたが、その中で目をひくモデルが、このディーゼルハイブリッド。システムの詳細はわからないが、1.2Lディーゼルエンジンがベースとなっており、トランスミッションは5MTが組み合わされる

▲スズキブースで存在感を放っていたのは、7人乗り小型MPVのエルティガ。数台がブースに配置されていたが、その中で目をひくモデルが、このディーゼルハイブリッド。システムの詳細はわからないが、1.2Lディーゼルエンジンがベースとなっており、トランスミッションは5MTが組み合わされるtext&photo/マガジンX編集部

関連記事リンク(外部サイト)

(株)ホンダユーテック オートテラス城北
(株)ホンダアクセス
ボルボ V90クロスカントリー(現行型)のカタログはこちら

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。