ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

経営者、事業責任者が知るべき戦略論「PR GENIC」発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

マテリアルグループ株式会社(東京都港区、代表取締役社長東義和)は、2017年8月21日(月)に、「PR GENIC(ピーアールジェニック)~事業の成果に直結し、資産価値を高めるPRとは?~」(著者:東義和)を全国の書店及びアマゾンにて発売します。本書は、PRをベースとした戦略によって、ブランドを築き上げ、事業を成功させるためのポイントを紐解いた書となります。
経営者、事業責任者が知るべき戦略論「PR GENIC」発売
これからのマーケティングの主役は「PR」となっていく、今年の4月に起きたGM(ゼネラル・モーターズ)とテスラ(テスラ・モーターズ)の「事件」がそのことをよく表しています。100年以上の歴史と伝統を持ち、アメリカ自動車業界のトップとして君臨してきたGMの時価総額を、創業してたった10年あまりのベンチャー企業・テスラが追い抜き、全米首位の自動車メーカーとなったのです。テスラの販売台数・売上高は、GMのそれとは比較にならないほど低かったにもかかわらず、このような「事件」が起きた背景には、ブランドと感情の絆があります。人々の感情がブランドを作り、そのブランドの価値が時価総額に反映されているのです。この人々の感情を動かす鍵は「PR」にあり、企業の戦略にはPRから考えること、即ち「PR発想」が求められてます。新興ベンチャー企業や後発参入企業でも、市場を寡占しているマーケット・リーダーに打ち勝つ方法があります。本書では、マーケティングやブランドの理論から戦略の実践例まで広く解説しています。

◆ブランドの概念
ブランドは、人間の「好き・嫌い」という感情で出来ています。本能的な深い欲求とも言えるその単純な感情こそが強い力をみせるのです。「高級料亭の弁当」と「好きな人の手作り弁当」のどちらを選ぶのかなど身近な具体例を題材にして、曖昧な『ブランド』という概念を解説します。

◆PR発想による事業戦略例
著者自ら実践した3つの新規事業を取り上げています。消費者の価値転換を図ることで睡眠の新しいマーケットを創る方法、あえて入浴剤市場というレッドオーシャンに飛び込んだ理由、優れた性能を持つが売れない製品をリブランディングしていく過程など、経営者・事業責任者の参考になるような実践例を詳細に紹介しています。PRエージェンシーを立ち上げてから十数年、ようやく辿りついた答えがこの一冊にまとまっています。従来の方法論だけでは、太刀打ち出来なくなってしまった時代に、必ずや経営者・事業責任者のビジネスに貢献できると考えています。

〈書籍概要〉
著名:PR GENIC(ピーアール ジェニック)
   事業の成果に直結し、資産価値を高めるPRとは?
著者:東 義和
定価:本体1,200円+税
ISBN:978-4-02-100916-7
仕様:四六判/ソフトカバー176頁
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/4021009167

〈書籍目次〉
第1章 企業が生活者に選ばれる理由
第2章 企業価値を上げるストーリーテリング 
第3章 プロダクト・メーカーを経営してわかったこと
第4章 アクセラレータとしての新しいPR会社

〈著者略歴〉東 義和(あずま よしかず)
マテリアルグループ株式会社 代表取締役社長
出版社勤務時代に出版物の総合的なプロモーションを担当し、数々のベストセラーを仕掛ける。
2005年2月、PRを軸としたマーケティングコミュニケーションカンパニー 株式会社マテリアルを設立。
2014年12月、エンタープライズデザインを行う株式会社TWOを創業、睡眠・ライフスタイル事業に着手。
2016年2月、世の中の優れた素材や技術を事業化すべく、マテリアルグループ株式会社によるグループ経営始動。
経営者、事業責任者が知るべき戦略論「PR GENIC」発売
〈著者事業紹介〉
【株式会社マテリアル】マーケティングコミュニケーション事業
PRソリューション事業として、主に主に新製品やサービスローンチのメディア露出の支援を行っており、某大手飲料メーカーや自動車メーカーなど数々のナショナルクライアントのPRを担当しています。また、コンサルティング事業では、クライアントの商品、事業、更には企業全体に、人々の感情を動かす「ストーリー」を付与することで、世の中の需要を創り出し、ブランド価値の最大化を図る支援を行っています。
経営者、事業責任者が知るべき戦略論「PR GENIC」発売

【株式会社TWO】エンタープライズデザイン事業
新規事業の立案・推進を実施しており、現在は主に下記3つの事業を展開しています。
各事業の戦略の詳細は、本書の第3章にて紹介しています。
経営者、事業責任者が知るべき戦略論「PR GENIC」発売

Sleepdays:睡眠トータルソリューションを提案する総合ブランド
Sleepdaysは、睡眠の質を向上させるために、多角的なソリューションを提供する今までにないブランドとして認知されています。
主な商品は、リカバリーウェアシリーズ(休息時の保温効果を高め血流を促進をサポートする次世代ナイトウェアシリーズ)や、体温コントロールをサポートするバスタイムドリンク(入浴前に使用し、発汗・温浴を促すBefore Drinkと、入浴後に使用し、心地よい入眠をサポートするAfter Drink)があります。
経営者、事業責任者が知るべき戦略論「PR GENIC」発売

BARTH:薬用中性重炭酸入浴剤
独自の製造技術(特許取得)により、重炭酸イオンを豊富に湯中に溶け込ませることに成功した入浴剤です。湯中の重炭酸イオンが温浴効果と共に血行を促進し、疲労回復・基礎体温の上昇をサポートします。大手メーカーが占有する入浴剤市場にあえて参入し、発売開始から5ヶ月足らずで1,000店舗以上での取り扱いがなされるほどになりました。
経営者、事業責任者が知るべき戦略論「PR GENIC」発売

keskin:光触媒を使った消臭・抗菌コーティング剤
これまでの消臭・抗菌剤のほとんどは、菌を一時的に中和させたり、膜に閉じ込めるだけもので、根本的な解決にはなりませんでした。そこで、光触媒という「光が当たることで菌そのものを分解する」革新的な技術を用いたマーケティング・販売戦略により、発売開始後3ヵ月で2億円の売上を達成しました。
経営者、事業責任者が知るべき戦略論「PR GENIC」発売

〈会社概要〉
商号        :マテリアルグループ株式会社
事業内容      :経営戦略の検討・立案・推進、グループ経営基盤強化、シナジー効果の創出、投資、資産運用
設立年月日     :2014年8月(2016年2月に株式会社LENSより社名変更)
本社所在地     :東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル35階
代表者       :代表取締役社長 東 義和
グループ従業員   :93人(2017年4月末現在)
URL          :http://materialgroup.jp

商号        :株式会社マテリアル
事業内容      :PR事業を主としたマーケティングコミュニケーション業務全般
設立年月日     :2005年2月
本社所在地     :東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル35階
代表者       :代表取締役社長 東 義和
URL          :http://materialpr.jp/

​​​​​​​商号        :株式会社TWO
事業内容      :ビジネスアイデア・スキームを基点とした、事業全体の設計・開発・コンサルティング業
設立年月日     :2014年12月
本社所在地     :東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル35階
代表者       :代表取締役社長 東 義和
URL            : http://two2.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
みんなのPRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。