体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アルスマグナ 独自の世界観でメイトを魅了!“ロックの神”篠原信一も大暴れ

エンタメ
アルスマグナ 独自の世界観でメイトを魅了!“ロックの神”篠原信一も大暴れ

 人気急上昇中の2.5次元コスプレダンスユニット、アルスマグナ。2017年8月19日にZepp DiverCity(Tokyo)で開催された【アルスマグナ LIVE TOUR 2017 ROCK’N ARS FES「FULL THROTTLE!」~イレギュラーで行こう!!~】ファイナル公演のオフィシャルレポートが到着した。

アルスマグナ ライブ写真(全24枚)

 ステージは、私立九瓏ノ主学園に通う神生アキラ、泉奏、朴ウィト、榊原タツキと、先生の九瓏ケントによる学園ストーリーと、アルスマグナのオリジナル曲やボカロ曲、そしてダンスパフォーマンスが融合。笑いあり、友情あり、青春ありの独自の世界観で魅了した。

 赤、青、黄、緑、紫の5色のサイリウムで埋め尽くされた会場は、開演前から外気をしのぐ熱気に包まれていた。ステージの幕が上がりメンバーが登場すると、一曲目「夏にキスしていいですか?」からライブがスタート。さらに「炎上ダンシング」と、夏にぴったりの熱いナンバーを続けて披露すると、アルスメイト(ファンの総称)からは大歓声があがった。「お前ら声出せんのか? 1日楽しめるのか?」と神生アキラが煽ると、その声はさらに大きくなる。満足気な表情を見せたメンバーは、ボカロナンバー「ビースト・ダンス」でキレキレのダンスをパフォーマンス。この後のMCで朴ウィトや榊原タツキが「一秒もムダにしないで楽しんでね!」と語りかけていたが、メンバーの一挙手一投足に歓喜するメイトの様子は、まさに彼らの言葉どおり。アルスマグナのパフォーマンスを、この空間を、存分に楽しんでいる様子が手に取るように伝わってくる。自己紹介の後、それぞれの言葉でこのステージへの意気込みを語ると、「とびっきりの恋をして、かっこいい男になりてーんだよ!」と、4曲目の「勝手に親衛隊」に突入。「チャーッス!」のコール&レスポンスで盛り上がる中、九瓏が「自分にまったく興味のない女の子を振り向かせる会心の一撃」とお題を発表すると、まずは自ら「そこらへんの男と一緒にするなよ。俺、結構むちゃくちゃやるぜ」とお手本を披露。4人4様の口説き文句にひとしきり盛り上がった後、「先生の言うコト、ゼーッタイ◇」(◇:記号のハート)を歌い終わると、ステージをはける九瓏。「やっぱり夏は浮かれてしまうぜ!」と浮かれ気分の生徒達の前に、「俺の絶対コーナーはまだまだ終わらないぜ」とマントを羽織った九瓏が再び登場し、ステージは一転、不穏な空気に。

 「秘密結社 THE ROCK」と書かれたバックドロップを背に、「我が名はティーチャーロック!」と高らかに叫ぶ九瓏、いやティーチャーロック。悪の手下達も現れ、ソロ曲「Joker」を歌い上げると、4人の“イレギュらレンジャー”が登場。神生ソロの「進め-FIRE-」、朴&タツキによる「キミドリクエスト」を歌い終わったところで、ティーチャーロック達と捕らえられた泉がステージに。「会場にいるメイトの命と引き換えだ!」と言うティーチャーロック達に戦いを挑むメンバーだが、あえなく負けてしまう。そこでイレギュらレンジャーパープルであるティーチャーロックの正気を取り戻させるためにと、会場に助けを求めるメンバー。メイト達による「ねえ、パープル!」の呼び声に正気を取り戻したパープルは、メンバーと一緒に「Be Ambitious」を熱唱した。

1 2 3次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会