体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

認知症の見当識障害とは|時間、場所、人が分からなくなる症状

認知症の見当識障害の基礎知識

認知症の中核症状のひとつである見当識障害について解説します。

監修医 プロフィール

笠間 睦(かさま あつし)
1958年生まれ 藤田保健衛生大学卒業、医学博士/日本認知症学会専門医・指導医/日本脳神経外科学会専門医/榊原白鳳病院 診療情報部長/脳ドックに携わる中で認知症の早期診断・早期治療の必要性を感じ、1996年全国初の「痴呆予防ドック」を開設。2010年から2015年にかけて朝日新聞の医療サイトアピタルにて「ひょっとして認知症?」を執筆

見当識障害とは

見当識障害とは失見当とも呼ばれます。見当識とは、「今日は何月何日か」「今の季節はいつか」「ここはどこか」「目の前の人は誰か」など、自分の置かれている状況の認識を指します。

見当識障害は、認知症の初期症状のひとつとしてよく見られます。簡単な問診やテストで把握することができるため、認知症の診断の際には、見当識の確認は必ず行われます。

認知症の種類によっても特徴があり、アルツハイマー型認知症の場合は、物忘れの次に見当識障害も目立ちます。一方、レビー小体型認知症の場合には、初期には記憶障害が目立たない場合も多く、物忘れより先に見当識障害が目立つことがあります。

見当識障害の症状と進行具合

認知症の初期症状として現れる見当識障害ですが、その種類は大きく下記の3パターンに分かれます。
時間・日付・季節が分からない
場所が分からない
人が分からない

認知症の進行に伴い、上から順番に起こります。それぞれの症状について解説します。

時間・日付・季節が分からない

見当識障害の多くは、初期の段階で、まずは時間認識能力の低下として現れます。今日が何日で何曜日だったか、健常者でも間違えてしまうものです。しかし、
日付だけでなく月までも分からなくなる
短い期間に何度も日付を間違える

といった症状が認められる場合は、見当識に障害がでていると考えられます。予定に合わせた行動が取りづらくなるなど日常生活への影響が出始めるため、当初は本人も周りも混乱します。

症状が進行すると、1日の朝昼夜の判別が難しくなったり、季節感が失われていきます。そのため、次のような行動がみられます。
真夏にセーターを着る等の季節に合わない服装をする
朝・昼・晩の区別がつかなくなって、夜中に買い物に行こうと出かけたりする

場所が分からない(地誌的見当識障害)

時間の見当識障害の次に影響がでやすいのは、場所や空間に対する見当識の障害です。「よく知っている場所で道に迷う症状」を地理的障害と呼び、症候・病巣の違いから、街並失認と道順障害の2つに分類されています。
街並失認
街並失認とは、熟知した街並(建物・風景)が識別できなくなるものであり、周囲の風景が道をたどるうえでの目印にならないために道に迷ってしまいます。
道順障害
道順障害では、自分のいる場所や目印となる建物などは認識できるものの、一目で見渡せない場所にある対象同士の位置関係がわからなくなり、進むべき方向を見失い道に迷ってしまいます。

症状が進むと、次のような行動が見られます。
近所の道でも道に迷ってしまう
家の中でもトイレやお風呂の場所が分からなくなる
外出すると自分の家に戻ることができない

なお、アルツハイマー型認知症を持つ方が自宅付近で道に迷う場合、少なくとも初期には「道順障害」的な要素が大きいと考えられています。

人が分からない

症状がさらに進むと、人の見当識に影響が出ます。知っている人の顔を見ても、その人の顔と認識できなくなるといった現象です。毎日顔をあわせている家族は認識できるのに、たまに会う友人や親戚は分からなくなる、といったことが増えます。

また、よくあるのは、「子どもはまだ小学生」と思い込んでいるため、おじさんになった息子をみて、誰か分からなかったり、夫と間違えるといったケースです。

1 2 3次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。