体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仕事を辞めて沖縄へ。「石垣島でやりたい100のこと」を大公開!

仕事を辞めて沖縄へ。「石垣島でやりたい100のこと」を大公開!

こんにちは。TABIPPOライターの奥山です。皆さん、「バケットリスト」って知っていますか?「死ぬまでにしたい100のこと」を書き留めるノートです。

私は年に数回は訪れるほど沖縄が大好きなのですが、旅行だけでは気持ちを抑えきれずに、7月末に仕事を辞めて8月から石垣島で生活をしています。

せっかく暑い時期に行くので、最初の1ヶ月は遊びメインで行きたいなと思い、少しだけゲストハウスのお手伝いをしながら、TABIPPOで記事を書きながら、石垣島での生活を楽しみたいと思っています。

いつまで滞在するかは決めていませんが、ダラダラ過ごしたらもったいない!せっかくなので石垣島でやりたい100のことを書き上げてみました。

 

石垣島でやりたい100のリスト(食べ物編)

1.明石食堂に行く

2.島の食材を使って料理する

3.沖縄県産のマンゴーを食べる

4.石垣牛を食べる

5.美味しいかき氷を食べる

6.島のフルーツを使ったフルーツジュースを飲む

7.ちゃんと自炊をする

8.とれたての魚を食べる

9.八重山そばを食べる

10.さよこのサーターアンダギーを食べる

11.サーターアンダギーを作る

12.ちんすこうを全種類食べる

13.ブルーシールを全種類食べる

14.海ぶどうを食べる

15.ぜんざいを食べる

おやつにピッタリ「さよこのサーターアンダギー」

石垣島の市街地から近いところにある「さよこの店」。10時開店ですが、売り切れ次第終了で15時にはなくなってしまうこともあるそう。味が何種類かありますが、全部焼き上がりの時間が異なります。

焼き上がりの時間を狙っていくと、揚げたての美味しいサーターアンダギーが食べられます。お値段は1個60円。店内でも、お持ち帰りでも可能です。

 

体験編

16.竹富島で水牛車に乗る

17.マングローブでカヤックをする

18.サンセットカヤックをする

19.キャンプをする

20.シュノーケリングをする

21.西表島でキャニオニングをする

22.シーサーを作る

23.川平湾でグラスボートに乗る

24.パラセーリングをする

25.石垣焼きを作る

26.八重山ミンサー織りを体験する

27.ナイトダイビングをする

28.滝に打たれる

29.クルージングをする

30.海中散歩をする

沖縄と言ったら綺麗な海!「シュノーケリング」

沖縄に行くようになったきっかけはダイビングをするため!同じ日本なのになんでこんなに綺麗なんだろう〜と何度見ても思います。

高校生の頃にダイビングのライセンスを取得し、沖縄に行く度に潜ってきましたが、ダイビングって費用も結構かかるし、自分たちだけでその辺の海に行ってシュノーケリング出来たらいいなと思いました。

とは言っても実は全然泳げなくて、ダイビングは酸素があるからなんとか出来ますがシュノーケリングはほとんど経験がありませんでした。

せっかくの石垣島なので深いところでも潜れるようにもっと練習したいと思います。

 

行きたいスポット編

31.川平湾に行く

32.石垣島鍾乳洞に行く

33.米原ビーチに行く

34.米原ヤシ林に行く

35.サビチ洞に行く

36.石垣島最北端の「平久保崎」に行く

37.海カフェに行く

38.無人島に行く

39.神の岩と言われている立神岩に行く

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。