ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

池田学『誕生』展 構想2年、制作期間3年3か月の新作を東京初公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

1708192
池田学『誕生』2013-2016 紙にペン、インク、透明水彩 300×400cm 佐賀県立美術館蔵 Photography by Eric Tadsen for Chazen Museum of Art ©IKEDA Manabu, Courtesy Mizuma Art Gallery, Tokyo / Singapore

池田学の個展『誕生』が、東京・市ヶ谷のミヅマアートギャラリーで開催中。会期は9月9日まで。
本展では、東京では初公開となり、縦3メートル×横4メートルという池田学にとって最大サイズの最新作『誕生』を中心に紹介する。
東日本大震災をきっかけに制作された同作は、構想に2年、制作に3年3か月が費やされたという。
また、展覧会の開催とあわせて書籍『《誕生》が誕生するまで』も刊行。8月24日には池田学と布施英利のトークイベントが開催される。
なお本展は、9月27日から東京・日本橋高島屋を巡回する。

池田学『誕生』
2017年7月26日(水)~9月9日(土)
会場:東京都 市ヶ谷 ミヅマアートギャラリー
時間:11:00~19:00
休廊日:日、月曜、祝日
料金:無料

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。